« 東日本大震災:障害者の死亡率2倍 在宅者保護難しく | トップページ | 2011年12月28日 仲井真沖縄県知事の県民への説明 »

2011/12/28

低線量被ばく 揺らぐ国際基準

 今日のNHKの追跡!真相ファイルから。

Img_03 “生涯100ミリシーベルトとされる被ばくの基準で、本当に健康への影響はないのか?” 福島をはじめ、全国の人々が現実に直面している放射能の脅威。国は「直ちに体への影響はない」と繰り返すばかりだ。その拠り所としているのが、ICRP(=国際放射線防護委員会)の勧告。広島・長崎の被爆者の調査データをベースに作られ、事実上の国際的な安全基準となっている。  しかし関係者に取材を進めると、1980年代後半、ICRPが「政治的な判断」で、被ばくでガンになるリスクを実際の半分に減らしていた事実が浮かびあがってきた。当時ICRPには、原子力産業やそれを監督する各国の政府機関から、強い反発が寄せられていたのだ。そしていま、世界各地で低線量被ばくの脅威を物語る、新たな報告や研究が相次いでいる。  アメリカでは原発から流れ出た微量の放射性トリチウムが地下水を汚染し、周辺地域でガンが急増。25年前のチェルノブイリ原発事故で、大量の放射性セシウムが降り注いだスウェーデンでは、ICRP基準を大きく上回るガンのリスクが報告されている。いま、誰もが不安に感じている「低線量被ばく」による健康被害。国際基準をつくるICRPの知られざる実態を追跡する。

 決して、いまみんなが知りたい低線量被曝にかかわる論点にこたえたものではなかったけどねえ。問題をICRPのなかでの議論に限っちゃったから。その批判もちゃんと全部紹介したわけではないなあ。ここは不満。
 だけど、ICRPの議論や決定そのものが、結局は政治的なものであり、その運営が、原発推進勢力の影響を受けざるをえないことなどはとてもよくわかるものになっていた。なるほど、ICRPの勧告はそんなものだったのかって。
 さて、低線量の問題は、やっぱり腰をすえていかないとなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 東日本大震災:障害者の死亡率2倍 在宅者保護難しく | トップページ | 2011年12月28日 仲井真沖縄県知事の県民への説明 »

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53593944

この記事へのトラックバック一覧です: 低線量被ばく 揺らぐ国際基準:

« 東日本大震災:障害者の死亡率2倍 在宅者保護難しく | トップページ | 2011年12月28日 仲井真沖縄県知事の県民への説明 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31