« 奨学金:新制度創設 低所得学生対象に「出世払い」で返還 | トップページ | 稲嶺、大田氏ら賛同表明 県議会「評価書断念」意見書 »

2011/12/19

「通学させない」3分の1 川内村が保護者に意向調査

 こんなニュースもきついなあ。

「通学させない」3分の1 川内村が保護者に意向調査(福島民報) 

 川内村が帰還後の来年4月の保育園・小中学校の再開に向け、園児・児童・生徒ら全227人の保護者に行った意向調査で、回答した147人のうち54%に当たる80人が、学校が再開しても「通学させない」と答えた。全対象者の3分の1に上る。18日、郡山市のビッグパレットふくしまで開かれた2回目の保護者懇談会で示された。村教委は年内にも再度意向調査を行い、来年4月の保育園・小中学校再開に向けた準備を進める。
 川内村の平成24年度の児童・生徒予定数は保育園55人、小学校113人、中学校59人。今回の意向調査の回答率は64・75%だった。
 「通学させない」と答えたのは保育園19人、小学校42人、中学校19人で回答者の5割を超えていた。「検討中」が保育園3人、小学校7人、中学校4人おり、「人数・方針による」も保育園1人、小学校5人、中学校1人いた。
 「再開後、通学させる」と答えたのは保育園5人、小学校7人、中学校6人。「除染の条件付き」は保育園2人、小学校5人、中学校1人だった。小学校2人が「学期の区切りから」と答えた。「長期的にみて、または25年度から」は保育園3人、小学校11人、中学校2人だった。
 村は学校がコミュニティーの拠点との考えから少人数でも再開させる方針で、遠藤雄幸村長は懇談会で「(希望者が)ゼロでなかったことにホッとしている」と話した。…

 いま、政府がすすめようとしている方向が、多くの人が納得していないということをハッキリとしめすデータである。このままでは、ここでも分断がつくられる。これほど、つらいことはない。いま政治がやることは、分断をつくらない議論の条件整備であるべきだ。うえから決めるべきことではない。
 だけど、川内村の線量は、うちの周りとそう変わらなかったりして…。現実には、多くのところで、深刻な問題があったりするのだけど。

 今日は、金正日の死去のニュースでもちきりだね。どうなるのかな?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 奨学金:新制度創設 低所得学生対象に「出世払い」で返還 | トップページ | 稲嶺、大田氏ら賛同表明 県議会「評価書断念」意見書 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53524390

この記事へのトラックバック一覧です: 「通学させない」3分の1 川内村が保護者に意向調査:

« 奨学金:新制度創設 低所得学生対象に「出世払い」で返還 | トップページ | 稲嶺、大田氏ら賛同表明 県議会「評価書断念」意見書 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31