« 元の学校に戻った子、わずか7% 福島県、転校1万9千人 | トップページ | 原発データ表示26時間作動せず 原子力安全・保安院公表せず »

2011/12/31

私が愛したウルトラセブン

 今年の年末はいろいろあって、実家にも、富山にも帰らないことになった。それで自宅でゆっくりすることにする。今日は、ひたすら掃除の一日。だいたい台所周りで1日が終わってしまうようなあ。テレビは、ずっとBSモード。もともと、バラエティは大嫌いだから、とりあえずBSで、午前中はニューシネマパラダイスの完全版をちらちらとみながらの掃除。午後、買い物のあと、表題のドラマを見た。市川森一の追悼。

Photo ウルトラセブンを放映していたのはボクが9歳から10歳のころ、ウルトラQ、ウルトラマンと見続けてきたボクは、このセブンにも夢中だった。だけど、何よりも夢中にさせたのはアンヌ隊員だったろう。独特のストーリーも夢中にさせた。
 この私の愛した…が放映されたのは93年。ボクは30代の半ばだった。この物語の影に、沖縄の問題があったことをはじめて知った。金城哲夫、上原正三、ウルトラの世界をいろどった脚本家は、いまだ占領下にあった沖縄に育ったことを。若き市川は、彼らとともに、生きていた。その思いがこもったドラマってこと。

 だけど、それでも、30代のボクは沖縄のことなんて、これっぽっちも知らなかった。まだ、少女暴行事件が起きるまえ。年をとってわからなくなることも少なくないけど、年をとっていろいろなことをたくさん知って、わかること、考えることって、たくさんある。そんなことを考えながら見ていた。戦後の日本の文化史の一側面の物語だなあ。来週の後編もまたみなくっちゃ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 元の学校に戻った子、わずか7% 福島県、転校1万9千人 | トップページ | 原発データ表示26時間作動せず 原子力安全・保安院公表せず »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53618575

この記事へのトラックバック一覧です: 私が愛したウルトラセブン:

« 元の学校に戻った子、わずか7% 福島県、転校1万9千人 | トップページ | 原発データ表示26時間作動せず 原子力安全・保安院公表せず »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31