« 文科省 検証先送り SPEEDI中間報告 | トップページ | 沖縄振興費27%増 異例の優遇 »

2011/12/24

来年度予算案一般会計90.3兆円 実質は過去最大規模

 予算案が決定された。教育予算の問題を含め、いろいろ言いたいことは山ほどある。怒りでいっぱいの思いもある。だけど、それは、これから数カ月、いろいろ議論するわけだから。

来年度予算案一般会計90.3兆円 実質は過去最大規模(朝日新聞)

 野田内閣は24日、2012年度政府予算案を閣議決定した。一般会計の総額は11年度当初予算より2兆円あまり少ない90兆3339億円で、6年ぶりに前年度を下回る。ただ、特別会計に計上した東日本大震災の復興費と基礎年金の国の負担を加えると、事実上、過去最大の96兆6975億円の予算規模となる。
 税収は11年度に比べて1兆4千億円増の42兆3460億円を見込むが、国の借金である国債を新たに44兆2440億円発行する。4年連続で借金が税収を上回る異常事態だ。今年9月末時点で、借入金などを合わせた「国の借金」は954兆円だったが、復興費を工面するために出す復興債なども新たに加わり、12年度末の国の借金残高は1千兆円を突破する。
 お金の使い道(歳出)では、公共事業費が大きく増えるのが特徴だ。凍結されていた群馬県の八ツ場(やんば)ダムの本体着工や、東京外郭環状道路の建設再開が盛り込まれた。整備新幹線の北海道、北陸、九州の未着工3区間にも着手する見通し。三陸沿岸道建設などの震災復興費を含めると、公共事業費は6.6%増の5兆3022億円にふくらんだ。
 社会保障費は、一般会計ベースで8.1%減の26兆3901億円。金額が減ったのは、基礎年金の国庫負担2兆5882億円の財源について、将来の消費増税をあてにした「交付国債」を特別会計に計上し、一般会計から切り離したため。これを計算に入れれば、29兆円近くになる。…

 だけど、それでもいちばん悩んでいるのは、議論の仕方だろうなあ。ボクは、こんなニュースを聞けば、たとえば、震災復興、原発被害の対策について、なぜ思い切った予算化がされないのかと続くずく思う。財源なら、大企業に支出している予算を削減すればいい。これだけためこんだ大企業ならなんとかなるでしょう。軍事予算を削減すればいい。自衛隊のほとんどを被災地に派遣したとき、日本の周辺で、不穏な動きをした国があったのだろうかと。世界に向かいって、日本が復興のためにこうすると宣言して、軍事の予算化を縮小すればいい。なんて言いたくなる。そして、それがまちがっているとは全然思わない。だけどね、それが説得力があるわけではないことは、自覚している。いろんな人のさまざまな心配や苦労を反映した議論では決してない。だからね、どう議論するのか。その知恵と論理、そのための哲学と思想なんだろうなとつくづく思うんだけどなあ。

 クリスマスは、相方と、2人で家で食事。まあ、1週間に1度いっしょに食事するかどうかの夫婦を26年以上続けていますからね(笑い)。今日は、ワインとケーキ付きということで。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 文科省 検証先送り SPEEDI中間報告 | トップページ | 沖縄振興費27%増 異例の優遇 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53561696

この記事へのトラックバック一覧です: 来年度予算案一般会計90.3兆円 実質は過去最大規模:

« 文科省 検証先送り SPEEDI中間報告 | トップページ | 沖縄振興費27%増 異例の優遇 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30