« 低線量被ばく 揺らぐ国際基準 | トップページ | とりあえずの仕事納め »

2011/12/29

2011年12月28日 仲井真沖縄県知事の県民への説明

沖縄防衛局が12月28日未明に県庁守衛室に運び込んだ、辺野古環境アセス評価書。
この扱いをどうするのか。
知事はどう、「普天間は県外移設」の公約を実現していくのか。
所信を、集まった県民に説明する動画です。


 知事は苦しいなあ。沖縄県民は許さないの、こんな政府の態度。うーん、行政担当者としては……。だけど、どんどん、県民の怒りは大きくなるから、県議選までは、保守政治家も絶対に容認では動けない。知事も、この説明にあるように、これまでの公約は変えないということにならざるをえないと思う。
 いずれにしても、たたかいはこれから。来年は復帰40年だけど、大きなたたかいの山場で40年を迎えるなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 低線量被ばく 揺らぐ国際基準 | トップページ | とりあえずの仕事納め »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53597820

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年12月28日 仲井真沖縄県知事の県民への説明:

« 低線量被ばく 揺らぐ国際基準 | トップページ | とりあえずの仕事納め »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31