« 石原都知事を党首に新党構想、亀井氏が主導 年内結党を視野 | トップページ | 求職支援拒否なら保護費打ち切り 国と地方が見直し案 »

2011/11/25

女性宮家構想が浮上 官房長官「検討課題」

 男子は1人しかいないんだもんね。

女性宮家構想が浮上 官房長官「検討課題」(朝日新聞)

 藤村修官房長官は25日の記者会見で、女性皇族が結婚しても皇族の身分にとどまれるようにする「女性宮家」の創設を今後の検討課題とする考えを明らかにした。宮内庁の羽毛田信吾長官が10月に野田佳彦首相に「皇族方の減少は緊急性の高い課題」と説明。ただ、藤村氏は「具体的な制度創設の検討にただちに入るということではない」としている。
 羽毛田長官は、10月5日に首相官邸で野田首相と会談した。藤村氏は会見で、この会談内容について「女性皇族が結婚年齢に近い年齢になっているという話があった。皇室の活動という意味において、緊急性の高い課題があるとの認識が示された」と説明した。
 天皇陛下の孫世代で皇位継承資格者が秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)さま(5)お一人であることを踏まえ、藤村氏は「安定的な皇位継承を確保する意味で、将来の不安が解消されているわけではない」と指摘。そのうえで、女性宮家について「国民各層の議論を十分に踏まえながら、今後検討していく必要がある」と述べた。
 皇室典範では、女性皇族が皇族以外の人と結婚すると、皇族の身分を離れることが規定されている。未婚の女性皇族は現在、皇太子ご夫妻の長女愛子さま(9)、秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(20)、次女佳子さま(16)の3人と、昭和天皇の弟の三笠宮さまの孫にあたる彬子(あきこ)さま(29)ら5人の計8人で、うち6人が成人している。…

 万が一のことを考えてでしょうかね。すぐに女性天皇の議論ができなくても、何とかなる? だけど、もう少し根本的な議論はないのかねえ。
 ところで、なぜ、天皇なのかね。戦前の天皇の戦争責任を免罪するような、当時の天皇制がイギリスと同じように、戦争には直接関係しない存在だったというような議論がここにきて、ふたたびさかんになっていて、本もたくさんだされている。なぜなんだろうか。
 それと軌を一にするように、「つくる会」教科書の問題がある。ここも、憲法の否定などの問題とともに、天皇を徹底して美化している。ここには何があるのだろうか。先日も書いてけど、ちょっとわすれてはいけない問題でもあるのだけどね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 石原都知事を党首に新党構想、亀井氏が主導 年内結党を視野 | トップページ | 求職支援拒否なら保護費打ち切り 国と地方が見直し案 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53334076

この記事へのトラックバック一覧です: 女性宮家構想が浮上 官房長官「検討課題」:

« 石原都知事を党首に新党構想、亀井氏が主導 年内結党を視野 | トップページ | 求職支援拒否なら保護費打ち切り 国と地方が見直し案 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31