« ブラック企業に負けない | トップページ | わが家の前の線量は »

2011/11/14

すべての物品自由化? 日米会談、米発表資料に訂正要求

 TPPはのっけから波乱というか、その本質的な姿が明らかになりつつあるようですね。

すべての物品自由化? 日米会談、米発表資料に訂正要求(朝日新聞)

 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉では例外なき貿易自由化について協議すると、野田佳彦首相が約束した――。12日の日米首脳会談で、野田首相がオバマ米大統領にこんな発言をしたと米ホワイトハウスが発表し、日本側の指摘で訂正する一幕があった。
 会談直後に米側が発表した資料には「大統領は、野田首相が『すべての物品及びサービスを貿易自由化交渉のテーブルに載せる』と発言したことを歓迎する」とあった。日本国内にはTPP参加で、主要農産物の関税撤廃や保険診療の崩壊への懸念が根強い。それだけに、首相がいきなり柔軟姿勢を示した印象を与える内容だった。
 驚いた日本側は「発表内容が事実と異なる」と米側に説明を要求し、米側と協議した上で日本側が訂正資料を発表。それによると、米側は「日本側がこれまでに表明した基本方針や対外説明をふまえ、米側において解釈したものであり、会談でそのような発言はなかった」と説明したという。…

 もともと、菅政権のときの閣議決定では、「センシティブ品目(重要品目)について配慮を行いつつ、すべての品目を自由化交渉対象(とする)」としていたのですからねえ。
 オバマさんは、こんなことまで言っています。

「米国製品売りたい」=議長会見で本音あらわ-オバマ大統領(時事通信)

 オバマ米大統領は13日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の議長として、終了後の記者会見に臨んだ。大統領は開催地となったハワイの地域住民への感謝の言葉もそこそこに、「私が望んでいるのは『メイド・イン・USA』の文字が記された製品を買ってもらうことだ」と強調。首脳会議の成果披露よりも、自国製品のトップセールスを優先させる異例の会見となった。…

 オバマさんはとにかく、大統領選めあて。そのため野田さんに対しては、いつくあらオバマさんの選対部長になったのだという声まで出ています。
 TPPの本質はこれからどんどん明らかになっていくのでしょうね。たたかいは、これからでしょう。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ブラック企業に負けない | トップページ | わが家の前の線量は »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

そもそも事実と異なる発表を仕出かしたのは、一体、何処の国の報道機関なのか、全く分かりませんね。
それよりも、TPP会合へのオブザーバーとして出席することが出来なかったのは、何故なのか気になるところですよね。
菅総理の時には、オブザーバーとして出席したことを考慮すれば、もしかすると中国側の懸念に対する配慮と言う見方も出来なくはありませんが。

オバマ大統領が、アメリカ製品を幾らでも売りたいと言うのは、99%のアメリカ人の皆様のことに配慮してあげれば、それにより雇用拡大し、貧困や格差等の問題解決に繋がることになると思えば、当然のことでは無いでしょうか。
しかしながら、私達98%の日本人として見れば、アメリカから買ってあげたいところではあるものの、日本としても被災地復興をはじめ、福島原発事故対応や少子高齢化対策や失業対策をはじめ生活保護をはじめ農家への個別所得補償等を通じて、雇用拡大と共に食糧やエネルギー自給率の向上や地域経済の活性化を通じて日本経済を支え合うことにより国益を追求して行く必要もあることからすれば、アメリカから買ってあげるにも量的拡大に期待することは出来ないですよね。

それこそ、その分をどうぞ中国に廻してあげる様にして、逆に日本から輸出してきた自動車や家電製品などの価格競争による量的拡大については、中国や韓国に譲ってあげますので、どうぞそちらから買ってあげて下さい、として質的転換を図り、幾らでも高品質な製品を貿易黒字が維持出来る程度の規模までに縮小し、介護や医療等の社会福祉分野や教育、農業を始め、再生可能な自然エネルギー分野とか、中国での高速鉄道を見習って、カナダやドイツ、フランス等と協力してアメリカに新幹線を輸出したり、航空機や宇宙開発等の分野等での国益を通じて、アメリカや中国をはじめ、世界中の全ての国々の国益に繋がることに配慮することで、国境を越えて世界経済を支え合い、資源や食糧の争奪戦を回避し、全人類が、平和で穏やかに暮らせる安定した国際社会の実現が出来れば、此れほど喜ばしいことはないし、これだけを誇りとして、TPP交渉に参加して行けば良いのでは無いかと、つくづく感じるのですが。

自動車に関して言えば、レクサスなんかエンジンだけをトヨタのハイブリッドエンジンを搭載すれば、
その他の下請け部品については、それこそアメリカをはじめドイツやイタリア、フランス、カナダ等から、どうぞご自由に調達して下さいということで、中国に譲ってあげても良いと思います。
自分はレクサスなんかトヨタに毛の生えたものでしか無いし、幾らお金があっても絶対に乗りたくないし、かといって高級外車なんか日本で乗り回しても、周りから白い目で見られるだけのことだと思えば、それこそ、「レクサス=寄せ集め」とでもなれば、乗りたい人には、中国から逆輸入したものを乗って、静かに自己満足して下されば、それで良いのでは無いかと思います。

むしろ、幾らでも税金や社会保険料等の公的負担を重くして頂けるのなら、喜んで負担してあげるし、その全てを生活に困っている人達や、怪我や病気等で医療を必要としている人達に廻してあげて、皆が幸せに暮らせる社会になれば、それだけを誇りとして行けば良いだけのことですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53246378

この記事へのトラックバック一覧です: すべての物品自由化? 日米会談、米発表資料に訂正要求:

« ブラック企業に負けない | トップページ | わが家の前の線量は »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30