« 八重山教科書 今月中の冊数報告要求 文科副大臣、県教育長に | トップページ | これからは大学中退者が激増する! 4分類した学生像にみる、あの子が辞める理由 »

2011/11/01

契約社員4人の解雇撤回 JFE下請け会社が和解

 非正規職員のたたかいを2つ。

契約社員4人の解雇撤回 JFE下請け会社が和解(共同通信)

 鉄鋼大手JFEスチールの東日本製鉄所京浜地区(川崎市)内で働いていた同社の下請け会社共和物産(東京)の契約社員4人が、解雇されたのは不当として地位確認などを求めた訴訟は1日、共和物産が解雇を撤回し、未払い賃金約2900万円を支払うことなどで、横浜地裁川崎支部(福島節男裁判長)で和解が成立した。
 原告側の穂積匡史弁護士は「全国で50以上の非正規社員切りの裁判が行われているが、職場復帰まで実現したのは異例で画期的」としている。…

 和解内容は4人が1日付で職場復帰し、共和物産は雇い止め期間の09年4月~11年10月分の賃金計2914万円に加え、JFE側と連帯して解決金を支払うというのですから、すごいですよね。

 もう1つは、JALのパワハラ裁判。

日航に慰謝料支払い命令 元客室乗務員雇い止め訴訟(朝日新聞)

 日本航空の元客室乗務員の女性(27)が契約を更新されなかったのは不当だとして、雇用契約上の地位確認や慰謝料を求めた訴訟で、東京地裁(古久保正人裁判官)は31日、当時の上司が女性に退職を勧めた言動の一部を違法と認め、上司と日航に20万円を支払うよう命じる判決を言い渡した。だが、客室乗務員としての地位確認は認めなかった。
 日航の客室乗務員は1年間の契約で雇用され、2回の更新をへて計3年働くと正社員として採用される。2008年に契約社員になった女性は、2年目の契約途中で更新しないと通告された。女性は訴訟で、「主観的で不合理な評価がされた」と主張していた。
 判決は「いつまでしがみつくつもりなのかな」「辞めていただくのが筋です」といった上司の発言について「社会通念上、相当な範囲を逸脱している」と指摘。女性に精神的苦痛を与えたとして、20万円の慰謝料支払いを命じた。…

 パワハラの存在は認定したのに、上司の評価は不公正とはいえないとして、契約を更新しなかった判断は有効としたのは不思議でもあり、残念な判決だけど。それでも、パワハラが認定されたのは重要なのだとは思うけど。
 こうしうたたかいが、社会全体の規制力を発揮する方向に向かえばいいのだけれども…。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 八重山教科書 今月中の冊数報告要求 文科副大臣、県教育長に | トップページ | これからは大学中退者が激増する! 4分類した学生像にみる、あの子が辞める理由 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53140253

この記事へのトラックバック一覧です: 契約社員4人の解雇撤回 JFE下請け会社が和解:

« 八重山教科書 今月中の冊数報告要求 文科副大臣、県教育長に | トップページ | これからは大学中退者が激増する! 4分類した学生像にみる、あの子が辞める理由 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31