« 爆発の惨状、今もなお | トップページ | ブラック企業に負けない »

2011/11/14

震災で延期の宮城県議選が投開票 民主低調、2議席減

 今日は新聞休刊日。ニュースはまずこれ。

震災で延期の宮城県議選が投開票 民主低調、2議席減(朝日新聞)

 東日本大震災で延期されていた宮城県議選(定数59)が13日、投開票された。民主党は改選前の9議席から2議席減らした。自民党は28議席だったが、無所属推薦の2人を合わせて過半数を確保。共産党は2人増の4議席を獲得し、初挑戦のみんなの党は2議席を得た。投票率は過去最低の41.69%で初めて5割を切った。
 23選挙区に計90人が立候補し、前回選挙の86人を上回った。無投票だった6選挙区の計9議席を除き、17選挙区の計50議席を81人が争った。
 民主党は前回より4人多い13人を公認。角田・伊具、黒川、遠田の3選挙区に30~40代の若手を配し、郡部への浸透を狙ったが、現職の壁を破れなかった。津波の被害を受けた石巻・牡鹿、青葉両選挙区では現職が1人ずつ落選した。……

 投票率の低さは何なのかな。そんななかで、共産党は、仙台・青葉区(遠藤さん)、太白区(横田さん)、石巻・牡鹿選挙区(三浦さん)、塩釜選挙区(天下さん)の4人が当選。若林区の福島さんも、超惜しかった。議席倍増は、まずはお祝いお祝い! 被災地の課題は山積みだから、しっかりがんばらないといけないなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 爆発の惨状、今もなお | トップページ | ブラック企業に負けない »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53242691

この記事へのトラックバック一覧です: 震災で延期の宮城県議選が投開票 民主低調、2議席減:

« 爆発の惨状、今もなお | トップページ | ブラック企業に負けない »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31