« 中曽根元首相 「慰安所」設置に関与 ボルネオ・バリクパパン 草の家が証拠公表(追加あり) | トップページ | 離島防衛訓練始まる…自衛隊統合演習の準備も »

2011/11/10

辺野古アセス提出「断念を」 県議会 意見書案可決へ

 沖縄ネタです。日本政府はアメリカから厳しく追及され、今年中に辺野古のアセスの評価書を出す方向です。しかも、それをうけて、来年の夏までい、埋め立ての申請許可を県知事に出させるように働きかけるという方向です。これに対し、沖縄は。

辺野古アセス提出「断念を」 県議会 意見書案可決へ(琉球新報)

 県議会米軍基地関係特別委員会(渡嘉敷喜代子委員長)が9日開かれ、米軍普天間飛行場代替施設建設の環境影響評価(アセスメント)の評価書を年内に提出する政府方針について、断念するよう求める意見書案を本会議に上程することを全会一致で決めた。14日にも県議会臨時会が開かれる。
 意見書の宛先は首相や外相、防衛相らで、県議会代表が上京し、政府に直接要請する。
 本会議で意見書案は全会一致で可決される見通し。しかし、普天間飛行場の名護市辺野古への移設を容認する野党系市議らが10月に主催した北部振興推進・名護大会で、「日米合意通り進めることがベター」と発言した同市区選出の吉元義彦県議(自民)が退場する意向を固めた。
 意見書案は日本政府に対し「国防費削減を迫る米上院の国防権限法案の成否次第では日米両政府が窮地に追い込まれることを避けるため、評価書を年内に県に提出する方針を米側に伝達するなど、県内移設に反対する県民の総意を無視するもの」と厳しく批判。県内移設に反対し、評価書提出断念を強く求めている。

 全会一致というのが今の沖縄です。県内移設は絶対に許さない。固定化も許さない。この点で、沖縄は県全体で一つになって、強く要求しているのですから。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 中曽根元首相 「慰安所」設置に関与 ボルネオ・バリクパパン 草の家が証拠公表(追加あり) | トップページ | 離島防衛訓練始まる…自衛隊統合演習の準備も »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53209002

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古アセス提出「断念を」 県議会 意見書案可決へ:

« 中曽根元首相 「慰安所」設置に関与 ボルネオ・バリクパパン 草の家が証拠公表(追加あり) | トップページ | 離島防衛訓練始まる…自衛隊統合演習の準備も »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31