« 東村高江に大型重機 緊迫状態に | トップページ | 石垣教委、保護者の署名規制を通知 »

2011/11/19

署名没収「学校にそぐわない」「生徒の権利侵害」

 いやはやなかなか大変な国である。

署名没収「学校にそぐわない」「生徒の権利侵害」(沖縄タイムス)

 与那国島への自衛隊配備に関し、与那国中学校の東迎和芳校長が、生徒が自主的に進めていた自衛隊誘致に反対する署名活動の用紙を無断で没収した問題で、東迎校長は18日、沖縄タイムスの取材に応じ、「署名活動の内容が政治、宗教的に中立性を求められる学校にそぐわない」と釈明した。誘致に反対している町民らでつくる「与那国改革会議」が使用していた署名用紙だったことも問題視したという。
 東迎校長は同日朝、署名活動をした生徒に対し、没収の理由を説明した。「活動に関する否定ではないが、校内で活動したのが一番の問題。(誘致の賛否をめぐり)町が二分されている状態を、学校に持ち込ませたくなかった」と語った。
 校外での署名活動については「止めるものではない」とする一方、没収した用紙は返却しないとした。
 同町教育委員会によると、17日に生徒の保護者から町の崎原用能教育長に対し、署名活動を問題視する電話があった。その後、町教委から事実確認を求められた東迎校長が署名を没収したという。
 崎原教育長は「(反対派町民による)物事の『いろは』が分からない子どもを利用した自衛隊反対活動じゃないか」と批判した。
 これに対し、同会議の崎原正吉議長は「こちらから署名活動をさせたということはない」と否定。「生徒も与那国の住民。自分たちで島のことを考えてやったことなのに、学校側で束縛するのはおかしい」と反発し、町教委に没収した用紙を返すよう求めるとした。

 当たり前のごとく子どもの権利の侵害である。と、同時に、やり方自体が、教育的でないというか、子どもの教師の人間関係をしっかり基礎においたものととうてい思えない。
 だけどね、かつて、文部省が特別権力関係論を基礎において、学校のなかでの政治的な活動を制限するような文書をだしている記憶がある。ボクも中学の頃、同じ体験をしている。という意味では、これは、この学校の問題だけではなく日本の教育行政そのものの問題でもある。その点も考えたい。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 東村高江に大型重機 緊迫状態に | トップページ | 石垣教委、保護者の署名規制を通知 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53285317

この記事へのトラックバック一覧です: 署名没収「学校にそぐわない」「生徒の権利侵害」:

« 東村高江に大型重機 緊迫状態に | トップページ | 石垣教委、保護者の署名規制を通知 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31