« いま、先生は | トップページ | 「枯れ葉剤」か 米軍文書見つかる »

2011/11/02

2号機 局所臨界か 福島第一

 やっぱりというか、そういうことはあるんだろうなというか。だって、だれも原子炉の中はわからないのに…。

2号機 局所臨界か 福島第一(東京新聞)

 福島第一原発の事故で東京電力は二日、最新の計測データから2号機で核分裂が連続する「臨界」が局所的に起きた可能性が高いと発表した。核分裂を抑えるホウ酸水を2号機の原子炉格納容器に注水した。
 周辺の放射線量や原子炉内の温度、圧力には異常はなく、経済産業省原子力安全・保安院は「全体としては安定した状態にある。大規模な臨界が起きる可能性はほとんどない」と説明している。
 東電や保安院によると、2号機では十月二十八日から、原子炉格納容器内の気体を浄化したり、状態を調べたりする「ガス管理システム」と呼ばれる装置の運転を開始した。これを使って一日に採取した格納容器内の気体から、微量の放射性キセノン133と同135とみられる核種が検出された。
 どちらも自然界には存在せず、核分裂に伴って生成されるため、臨界状態の証拠とされる。放射線を出す力が半分になる「半減期」は同133が約五日、同135が約九時間と短いことから、震災直後ではなく、最近になって小規模の臨界が起きたとみられる。
 対策として東電は中性子を吸収して核分裂を抑制するホウ酸水を注入。データの分析を日本原子力研究開発機構に依頼し、結果に誤りがないか最終確認を進めている。
 2号機では東日本大震災後に核燃料が溶け、原子炉圧力容器や格納容器の底に落ちていると推定されている。その後は冷却が進み、核燃料は比較的安定した状態になっているとみられていた。…

 安全神話は何も変わっていないということへの痛烈な警告なんだろうか。あれだけ、規制機関と推進機関の分離が言われていても、基本、まだ、原発をめぐって、情報をだすのは、東電であり、そして保安院であることが続いている。機構改革の前だって、政府の判断で、さまざまな英知を結集した体制をつくることはすぐにもできるのに。今度の事態だって、予想はされたこと。だけど、いくら彼らがものを言っても、そしてあいかわらず電力会社からお金をもらっていた先生方がメディアで発言しても誰も信じないでしょう。結局は、核心的なものは、何もコントロールできていないってこと以外は何ものでもない。しかし、それでも、この地に戻ろうっていう政策っていったいなんなんだろうなあ。
 ”棄民”って言葉がくり返されたけど、ほんとうに、政治は、この地に暮らす人のことを考える力を失ったんだろうなあ。酷い。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« いま、先生は | トップページ | 「枯れ葉剤」か 米軍文書見つかる »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53147690

この記事へのトラックバック一覧です: 2号機 局所臨界か 福島第一:

« いま、先生は | トップページ | 「枯れ葉剤」か 米軍文書見つかる »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30