« 「3年以内に憲法改正の端緒を」 櫻井新代表が決意 民間憲法臨調 | トップページ | ソドンヨ »

2011/11/21

米軍属、日本で裁判 地位協定運用改善へ

 重要なニュースをクリップ。アメリカ側の動きにあわせてというのが情けない。

米軍属、日本で裁判 地位協定運用改善へ(沖縄タイムス)

 日米両政府は在日米軍で働く軍属が公務中に起こした事件、事故で米国での裁判が難しい場合などは例外的に日本で裁判できるよう日米地位協定の運用を改善する方向で調整に入った。日本側が提起し、米側が譲歩した。日米合同委員会で近く正式合意する見通しだ。関係筋が20日、明らかにした。
 また米軍人、軍属が公的行事で飲酒後に起こした交通事故も泥酔時に限らず、すべて日本側が起訴できるよう見直すことで大筋合意した。
 軍属については扱いがあいまいで、日米双方で裁判ができない状態が続き「法の抜け穴」(関係筋)とされていた。条件付きながら日本での裁判が認められることは一歩前進と言えそうだ。
 地位協定は米軍人、軍属の犯罪の第1次裁判権について公務中は米側に、公務外は日本側にあると規定。米軍が「公務証明書」を発行するなど公務と認定した場合、日本の検察当局は「裁判権がない」として不起訴処分にしてきた。
 関係筋によると、第1次裁判権は米側にあることを確認した上で個別の事情に考慮しながら、米国で適当な裁判所を見つけることが困難と判断した場合などは例外的に日本での裁判が可能になる方向だ。米国の裁判所は海外で起きた事件の審理を受けたがらないことも背景にあるとみられる。
 今年1月、沖縄市で帰宅途中の米軍属による交通死亡事故が発生。那覇地検は「公務中」を理由に不起訴処分にしたが、那覇検察審査会は起訴相当を議決した。
 米連邦最高裁判決により軍属を「平時に軍法会議にかけることは憲法違反」となるため、軍属は米国内の一般の裁判所で裁かれることになるが、最近起訴された事例は見つかっていない。
 公的行事に絡んだ飲酒事故を公務扱いにすることは国会でも問題になり、日米両政府は日本が起訴できる方向で運用見直しを進めていた。

 1月の事件では、たとえ検察審議会が2度の起訴相当の議決をしても、小沢さんのようには強制起訴にはならない決定をすでにしているともいう。ところが、アメリカのほうで、平時の軍属の軍法裁判は憲法違反となり、ではどこで裁くのかが問題になっていて、日本で裁くべきだという議論もでてきた。そういうなかでの運用の改善の道が開けるのなら、それはそれで、重要な前進につながるのだけれども。
 いずれにしても、問題が残されたままであることも事実で、協定改善を掲げるとともに、当面の運用にもしっかり監視や抗議はおこなっていかないといけないようでもあるのかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「3年以内に憲法改正の端緒を」 櫻井新代表が決意 民間憲法臨調 | トップページ | ソドンヨ »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53299484

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍属、日本で裁判 地位協定運用改善へ:

« 「3年以内に憲法改正の端緒を」 櫻井新代表が決意 民間憲法臨調 | トップページ | ソドンヨ »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30