« カクテル・パーティー 占領下の悲劇 ハワイ上演へ | トップページ | 人勧見送り、憲法違反の可能性 人事院総裁が言及 »

2011/10/26

八重山教科書:文科相「竹富町は有償給付」

 今日は、午後からは、横浜の方に。もちろん仕事ですけれども。
 さて、今日は、国会で八重山の教科書問題がとりあげられた。ほんとうにひどい。文科大臣の答弁のひどいこと!

八重山教科書:文科相「竹富町は有償給付」(沖縄タイムス)

 中川正春文部科学相は26日午前の衆院文部科学委員会で、八重山地区の教科書採択問題について、中学公民で育鵬社版を選んだ八重山地区採択協議会の8月23日の答申が有効とし、答申に沿わず東京書籍版を独自に採択した竹富町教育委員会について「教科書の無償給付の対象にならない」との同省見解を表明した。
 同時に、答申と同様の採択をした石垣、与那国の両市町教育委は無償給付の対象となると説明。無償給付の対象とならない場合、「市町村が自ら教科書を購入し生徒に給付するのは違法ではない」とした。
 今後、県教委が八重山地区を同一教科書でまとめられない場合、文科省が伝達する方針という。

 何が酷いかといえば、文科大臣の答弁は、あくまでも8月23日の答申が有効と立場に立って、それを現地におしつけようとしていること。沖縄県の9月8日の全員協議会は有効ということを決して認めない。ふり返って考えると、そもそも、石垣の玉津教育長の、ルールを無視した強引な運営による23日の答申そのものが問われているのにもかかわらず、それについて、粘り強く合意をつくろうとした、現地の努力をまったく認めない。
 しかも、「なぜ竹富町だけが有償化になるのか」である。文科大臣は「竹富町がそれを受けてくれればいい訳です。受けずに別の判断をしているので、もう少し努力をしてくださいと。子どもたちに支障がない形となれば竹富町自身の責任で解決してもらうことになるでしょう」とまでいう。おどろいた発言だ。どこに、竹富の採択プロセスに問題があるというのだ。そのことには何も応えない。いくら、子どもに直接、迷惑をかけないと言っても、義務教育の教科書の無償の保障について、国の責任んを曖昧にするということではないのか?
 そうとう問題のある文科大臣の答弁は、決して認められないと思うけどなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« カクテル・パーティー 占領下の悲劇 ハワイ上演へ | トップページ | 人勧見送り、憲法違反の可能性 人事院総裁が言及 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53091293

この記事へのトラックバック一覧です: 八重山教科書:文科相「竹富町は有償給付」:

« カクテル・パーティー 占領下の悲劇 ハワイ上演へ | トップページ | 人勧見送り、憲法違反の可能性 人事院総裁が言及 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31