« 東日本大震災:被災地から止まらぬ転校 原発事故で福島県からが最多 | トップページ | 前宜野湾市長、メア氏を告訴へ »

2011/10/24

重い障害を生きるということ

S1335 障害者運動の大先輩でもある高谷さんの新著。一気に読みました。
 少し前、「この人たちに人格があるのか」という暴言をはいた知事がいた(いまもいる)。この本でとりあげているのは、重い身体障害と精神障害とを併せ持って生まれた「重症心身障害児(者)」と呼ばれる人びとだ。脳がない状態でも「笑顔」を見せる彼ら。その姿から、生きるということはどういうことか、人間とは何かを問いかける。
 医学が進歩をすれば、いやその進歩を支えているのは、そのことによって、命を救われる重度の障害者だということもできる。彼らは、その懸命に生きる姿、それを支える人たちとの間の生活の姿そのもので、生きる意味を問いかける。それは、まさに「この子らを世の光に」ということなのだとも痛感させられる。もう感動的。そのとりくみが、ノーラライゼーション、インクルージョンへと連なっていく。
 そういう障害観、障害ある人への見方を変えていったのは、糸賀をはじめとした先達だ。彼らがつくったものは大きい。だけど、一方で、かつて人の権利として切り拓いた地平が、いまはかくも崩されてきたのかという思いも否定で、いない事実でもある。障害児学校では、労働力となり、納税できる卒業生をつくることが使命になったりしている。世界はそんな方向にはいっていないのに。権利条約時代の、そんなせめぎ合いのなかに、障害をめぐる問題がある。
 これからのあるべき議論はどういうものか? もう一度、しっかり考えて見たい、そういうことを考えさせられたりする。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 東日本大震災:被災地から止まらぬ転校 原発事故で福島県からが最多 | トップページ | 前宜野湾市長、メア氏を告訴へ »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53076960

この記事へのトラックバック一覧です: 重い障害を生きるということ:

« 東日本大震災:被災地から止まらぬ転校 原発事故で福島県からが最多 | トップページ | 前宜野湾市長、メア氏を告訴へ »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31