« 生活保護受給者204万人に 終戦後の過去最多に近づく | トップページ | 世田谷区の道路で高い放射線量(追加あり) »

2011/10/12

キャタピラー

315x210 うーん。戦争の加害を描いたり、戦争神経症のような事例を正面から描いたりするところは、評価ができるけれども。戦争に振り回され、その中で踏みにじられた夫婦が、どのように生きなければいけないのか、ものすごく生々しいテーマではあるけれども。
 これだけ、背景にしても、情景にしても、捨象して、いわば話を抽象化というか、単純化すると、ちょっと気持ちが入り込めないところがある。それでこそ、表現したいテーマがあるのかもしれないが、ボクは入り込みづtらい。それに、やっぱり、夫の戦場の話と、妻の葛藤はまた違う話でもある。さらに、最後の元ちとせの見事な歌「赤い女の子」のテーマも、また少しずれている。大まかに戦争のおろかさといわれればそうだけど。
 うーん。意欲作だろうけれどもね。ボクは、人間を、もっといろいろな面から、複合的に描くことのおうが好きなんだけれども、ねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 生活保護受給者204万人に 終戦後の過去最多に近づく | トップページ | 世田谷区の道路で高い放射線量(追加あり) »

平和」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52976314

この記事へのトラックバック一覧です: キャタピラー:

« 生活保護受給者204万人に 終戦後の過去最多に近づく | トップページ | 世田谷区の道路で高い放射線量(追加あり) »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31