« 市民デモ、東京でも=「脱原発」「格差解消を」 | トップページ | 反貧困世直し大集会2011―震災があぶりだした貧困 »

2011/10/15

米 移設先埋め立て申請要請へ

 NHKの7時のニュースはこれがトップ。ちょっとびっくり(笑い)。

米 移設先埋め立て申請要請へ(NHK)

 沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市への移設について、アメリカ政府は日本政府に対して、遅くとも来年6月までに移設先となる沿岸部の埋め立て許可を仲井真知事に申請するよう、近く求める方針であることが明らかになりました。
 普天間基地の名護市辺野古への移設が地元沖縄の反対で暗礁に乗り上げているなか、先月の日米首脳会談でオバマ大統領は、来年6月を期限に「具体的な進展」を見せることを求めましたが、どのような動きを「進展」と位置づけているのか明らかになっていませんでした。これについて、アメリカ政府の複数の当局者は、NHKに対し、「具体的な進展とは、日本政府が沖縄県の仲井真知事に移設先沿岸部の埋め立て許可を申請することである」としたうえで、今月下旬に日本を訪れるパネッタ国防長官が、一川防衛大臣との会談の中で、これを求める方針であることを明らかにしました。埋め立て工事を行うためには仲井真知事の許可が必要で、パネッタ長官は「より望ましいのは、来年6月までに知事から埋め立ての了承も得ることだ」という考えも伝えるということです。普天間基地の移設では、併せて駐留する海兵隊の一部がグアムに移転する計画ですが、移設計画が遅れていることから、アメリカの議会では、海兵隊のグアム移転に関する2012年度の予算が凍結される可能性が高まっています。今回パネッタ長官が踏み込んだ要求をする背景には、6月までに議会の納得いく進展がなければグアムの基地整備も行き詰まり、中国が存在感を増す東アジアにおけるアメリカの軍事戦略にも大きな影響が出ることへの強い懸念があるとみられます。
 沖縄県名護市の稲嶺進市長は、NHKの取材に対して、「そもそもアメリカが要求できる立場にあるとは思わないが、今の沖縄は辺野古への移設を受け入れられる状況になく、アメリカ政府の焦りの表れではないか。知事が埋め立てを許可するとは思えないし、今そのような要求をすれば、沖縄県民のすべてを反対の立場に回すことになる」と述べました。…

 すでに、アメリカの圧力で、政府は、アセスの評価書を年内に発表し、来年の6月までに県知事に埋め立てを申請する方針であるというようなことは、現地のメディアでもささやかれていて、沖縄では、それへの反発まででている状況にあるのだけど。だけど、本土ではほとんど知られていなかった動き。それが具体的に国防長官の発言として報じられたのだから、いっそう重要な意味をもつ。それだけに、そういうアメリカの圧力に追随する日本政府に、沖縄が県民ぐるみで対峙しているたたかいのなかにあることを、もっとボクらは沖縄に連帯しつつ、知り、語っていかないといけないのだと思うなあ。ホントに。あれだけ、妥協できだった仲井真さんが、今なお踏み込んだ発言をする後ろにある力について、ボクらはほんとに連帯しないと、この次の日本の姿が見えてこないのだと思うなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 市民デモ、東京でも=「脱原発」「格差解消を」 | トップページ | 反貧困世直し大集会2011―震災があぶりだした貧困 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52999967

この記事へのトラックバック一覧です: 米 移設先埋め立て申請要請へ:

« 市民デモ、東京でも=「脱原発」「格差解消を」 | トップページ | 反貧困世直し大集会2011―震災があぶりだした貧困 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31