« 米海軍、空母ジョージワシントン削減検討 | トップページ | シカゴでデモ、金融機関に抗議 7千人参加か »

2011/10/11

年1ミリシーベルト超す汚染、8都県で国土の3%

 除染ということがいかにやっかいで、しかし、避けて通ることができない課題であるのか。その全体像は、まだ少ししかわかっていないのだろうなあ。

年1ミリシーベルト超す汚染、8都県で国土の3%(朝日新聞)

 東京電力福島第一原発の事故で放出された放射性物質による被曝(ひばく)線量が年1ミリシーベルト以上の地域は、8都県で約1万3千平方キロ(日本の面積の約3%)に及ぶことが朝日新聞社の集計で分かった。環境省は10日に国の責任による除染地域を年1ミリシーベルト以上とする基本方針案を決めた。同省は当初、年5ミリシーベルト以上を基準とし、範囲を福島県内約1800平方キロとしてきたが、7倍に膨らむ計算だ。
 航空機による文部科学省の放射線量の測定結果を基に、環境省が事故による追加の被曝量が年1~5ミリ(毎時0.19~0.95マイクロシーベルト)の地域の分布図を作製。福島県は8月28日、他の地域は9月18日現在の線量別の面積を朝日新聞社で計算した。
 その結果、福島県は5ミリ以上の約1800平方キロに加え、1~5ミリの地域が約6200平方キロ。同県の面積(1万3782平方キロ)の6割にあたる約8千平方キロが除染の対象となる。
 残る7都県に5ミリ以上の地域はなかったが、1~5ミリは群馬県で約2100平方キロ、栃木で約1700平方キロ、宮城、茨城が各約440平方キロ、千葉が180平方キロと続き、東京と埼玉は20平方キロ前後だった。山形と神奈川は1ミリ以上の地域は分布図になかった。……

 市町村の除染計画は、学校や保育園、幼稚園、公園などを最優先に進められる。市町村のほか委託業者、住民自身や町内会、PTAなどの地域組織が主体となって進められる。これだけでも、どれだけかかるのか。しかし、もっとやっかいなのは、1つは個人住宅。市町村は計画の対象としているが、作業は住民や町内会などがおこない、そのへの補助が基本。その財源が問われることになる。さらには、山間……。農地なども多く、雨がふれば、ふたたび放射能は拡散するのだろうなあ。
 はたして政府は、ぶれずに、スピードをもって、除染を加速させることができるのか。まだ、その方向や財源がくわしく示されたわけではないけれど、原発と核燃料サイクル推進のための基金は19兆円に達する計画でつくられているのだから、すぐにその活用を考えるとか、急がれることはたくさんあるのだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 米海軍、空母ジョージワシントン削減検討 | トップページ | シカゴでデモ、金融機関に抗議 7千人参加か »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52966038

この記事へのトラックバック一覧です: 年1ミリシーベルト超す汚染、8都県で国土の3%:

« 米海軍、空母ジョージワシントン削減検討 | トップページ | シカゴでデモ、金融機関に抗議 7千人参加か »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30