« 概算要求:文科省、学校耐震化に2325億円 | トップページ | 自衛隊与那国配備に15億円 »

2011/10/01

大阪府教育基本条例案「可決なら辞任」 教育委員反発

 いよいよ10月だ。10月もいろいろなことがある。

大阪府教育基本条例案「可決なら辞任」 教育委員反発(朝日新聞)

 大阪府議会で審議中の教育基本条例案を巡り、府の教育委員6人のうち、府庁出身の教育長を除く5人が、条例案がこのまま可決されれば辞任する意向を固めていることがわかった。朝日新聞の取材に認めた。
 条例案は、橋下徹知事が率いる大阪維新の会が9月議会に提出。「グローバル社会に十分対応できる人材育成を実現する」として、ピラミッド型組織で教育現場を動かすシステムを目指す。政治と教育が一体化した戦前の反省に基づき、複数の教育委員が合議制で物事を決めてきた教育委員会制度を根本から問い直す内容だ。
 教育委員は一斉に反発。特に、一定の割合の教職員に最低評価をつけ、連続で最低評価を受けた教員を処分対象にするといった内容に、多くの委員が「これで教育がうまくいくはずがない」と主張する。

 教育長ももちろん反対である。教育委員にが、100マス計算の陰山さんや、小河さんという著名が元教師だけではなく、松下電器元支店長やダイキン副社長なども含まれる。教育委員長は「辞表を懐に入れ、白紙から考え直すように働きかけたい」という。いろいろ問題があっても、良識が示されている。
 大きな山場を迎えている。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 概算要求:文科省、学校耐震化に2325億円 | トップページ | 自衛隊与那国配備に15億円 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52878255

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府教育基本条例案「可決なら辞任」 教育委員反発:

« 概算要求:文科省、学校耐震化に2325億円 | トップページ | 自衛隊与那国配備に15億円 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30