« 生活保護 職業訓練を“要件に” 厚労省検討 欠席者は受給廃止も | トップページ | 電力9社、政界工作で連携 担当議員決め資金協力や接待 »

2011/10/09

原発避難住民「戻りたい」4割に減る 家族別居は半数に

 今日の朝日新聞に、興味深いニュースが載っていた。

原発避難住民「戻りたい」4割に減る 家族別居は半数に(朝日新聞)

 東日本大震災から半年を機に、朝日新聞社は9月下旬、福島大学の今井照(あきら)研究室と共同で東京電力福島第一原発事故による避難住民への聞き取り調査をした。住んでいた地域に「戻りたい」という人は43%で、前回6月調査の62%より減った。震災で家族が別々に暮らすようになった人は46%と半数近くに上った。
 放射能汚染への不安から妻子らがより遠方に避難している例が目立ち、原子力災害に伴う特徴が浮かび上がった。除染の遅れや難しさを感じている人が多い。
 住んでいた地域に「戻りたい」「できれば戻りたい」は計65%(前回79%)、「あまり戻りたくない」「戻りたくない」は計17%(同12%)だった。
 今回調査に答えた人のうち前回「戻りたい」と答えていた人は169人。このうち今回も変わらず「戻りたい」としたのは半数あまりの91人。42人は「できれば戻りたい」、10人は「戻りたくない」になった。…

 福島の人たちの複雑だけど、とてもつらく、厳しい状態が反映しているのだろうなあ。この調査結果には、続きがある。生計の目処が立たないと答えた人が多数だったこと。避難住民の悩みの上位は、生計のことであり、仕事のことであると。
 いまでも、新聞でも、震災後、人が絆を求めるという報道がある。だけど、直面しているのは、その絆を断ちきるような、経済格差があらわになっていることだ。そのことを直視しないと、問題は見えないのだと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 生活保護 職業訓練を“要件に” 厚労省検討 欠席者は受給廃止も | トップページ | 電力9社、政界工作で連携 担当議員決め資金協力や接待 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52949434

この記事へのトラックバック一覧です: 原発避難住民「戻りたい」4割に減る 家族別居は半数に:

« 生活保護 職業訓練を“要件に” 厚労省検討 欠席者は受給廃止も | トップページ | 電力9社、政界工作で連携 担当議員決め資金協力や接待 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31