« 国境の海 日中 知られざる攻防 | トップページ | 中川文科大臣の発言に抗議する声明 »

2011/10/27

沖縄はほんとうに怒っている

 昨日の文科省発言の続報。沖縄の新聞の紙面を見れば、その雰囲気がよくわかる。

竹富は無償対象外 八重山教科書で中川文科相が言明(琉球新報)

 中川正春文部科学相は26日の衆院文科委員会で、八重山地区の中学公民教科書問題で、同地区の採択地区協議会が答申した育鵬社版とは異なる東京書籍版の公民教科書を採択する意向を示している竹富町について「教科書の無償給与の対象にならない」と述べ、育鵬社版を採択しなければ教科書の無償給与は認めず、東京書籍版を使用する場合は町の自費購入を求める考えを明らかにした。近く県教育委員会に同様の方針を伝える。瑞慶覧長敏氏(民主)への答弁。
 無償措置を適用しない自治体が出れば、1963年の教科書無償措置法制定後初となる。文科省は同方針でこの問題の幕引きを図りたい考え。竹富町教育委員会は「違法なことはしていないのに有償にするのはおかしい」と反発している。
 中川氏は「文科省としては8月23日の採択地区協議会の答申と8月31日の協議会の再協議が協議の結果だと認識している。それに基づき採択した石垣市、与那国町の教育委員会は無償給与の対象になるが、協議の結果に基づいた採択をしていない竹富町はその対象にならない」と述べた。
 その上で「地方自治体が教科書を購入し、配布することは法令上禁止されることではないことを法制局に確認した」と述べた。……

 強い批判の調子を、たとえば新報は3面にわたって掲載している。なぜ、竹富が無償の対象外になるのか? 地区協の答申を絶対化し、全員協議会での合意の努力を無視するのはおかしい、法律違反は文科省だと厳しいトーンだ。ぜひ、琉球新報などのHPを直接、見てほしい。
 今日は、住民の会が、ただちに記者会見を開き、抗議文を発表するそうだ。その内容はいずれまた。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 国境の海 日中 知られざる攻防 | トップページ | 中川文科大臣の発言に抗議する声明 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53095227

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄はほんとうに怒っている:

« 国境の海 日中 知られざる攻防 | トップページ | 中川文科大臣の発言に抗議する声明 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30