« 久しぶりの嘉手納 | トップページ | 米アップルのスティーブ・ジョブズ会長死去 »

2011/10/05

オスプレイ調達縮小検討 国防予算減受け

 今日の沖縄タイムスの一面トップの記事だった。オスプレイの沖縄配備については、すでにアメリカはその話をすすめていて、日本からの要請で、日米合意の発表のさいには伏せられたことがウィキリークスによって暴露されているのだけれども。そのオスプレイについて、当の沖縄ではせめぎ合いになっている。

オスプレイ調達縮小検討 国防予算減受け(沖縄タイムス)

 米政府の国防予算削減方針を受け、海兵隊が垂直離着陸型輸送機MV22オスプレイの調達縮小を検討していることが分かった。2012年後半から予定されている米軍普天間飛行場への配備計画に影響を与える可能性もある。米海兵隊本部のテリー・ロブリング副司令官(航空担当)が先月29日、米ワシントン市内での講演で明らかにした。
 同副司令官は、2014会計年度(13年10月~14年9月)から19年までに122機を調達する計画について、6機から最大24機を縮小する方針を示した上で、国防総省がより踏み込んだ削減を検討していると言及。
 一方で、製造元のベル・ボーイング社と現行の複数年契約方式を単年ごとへ切り替える可能性についても協議が進められているとし、調達縮小の時期を前倒しする可能性についても含みを持たせた。…

 もちろん、軍からの巻き返しもあるだろうし、対中政策を含めた軍事戦略全体が変わっていかないと、そう単純にことが進むとは言えないけれども、この財政削減の圧力は、夏にあった国債発行の法律の成立によって、いっそう強くなっているのは事実。当然、普天間移設の問題も含め、この動きは、沖縄と直結する問題でもある。
 それだけに、注視をする必要はあるけれども、問題は、日本の政治の舞台では、そんな議論などはまったくないこと。財政赤字のもとでの震災復興にこれだけ困っているのに、軍事費についてはいっさい議論がないなんて、ちょっと不思議でもあるのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 久しぶりの嘉手納 | トップページ | 米アップルのスティーブ・ジョブズ会長死去 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52918824

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ調達縮小検討 国防予算減受け:

« 久しぶりの嘉手納 | トップページ | 米アップルのスティーブ・ジョブズ会長死去 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30