« 沖縄と米軍基地 | トップページ | 玉津教育長「教科書見たと言えばよい」発言 委員「そう言った」と証言 »

2011/10/08

94年政治改革の悔い

 朝日新聞のオピニオン欄に、細川護煕と河野洋平の対談が掲載されている。94年の政治改革法案の逆転成立を合意した2人だ。河野氏は「今の状態 忸怩たる思い」と語り、細川氏は「小選挙区に偏りすぎた」と言う。その主張は、別の場所でも何度か語っているから、別段、驚くことはないのだけれども。
 だけど、あらためて、自分は「穏健な多党制のほうがよかった」とか言われるとね。だれが、責任をもって、この「改革」なるものをすすめたのか。そういう無責任さのうえの「政治改革」なんて、ほんとうにブラックユーモアではないか。しかも、明らかに、その後の日本の政治は劣化し、政治家も正直、その能力そのものが疑われる堕落した事態になっている。それほど、責任が大きいというのに。今の政治を語るのにもあまりにもお気楽である。その発言の姿勢もちょっとへどが出る。保守政治というものの本質でもあるのかもしれないなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 沖縄と米軍基地 | トップページ | 玉津教育長「教科書見たと言えばよい」発言 委員「そう言った」と証言 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52937968

この記事へのトラックバック一覧です: 94年政治改革の悔い:

« 沖縄と米軍基地 | トップページ | 玉津教育長「教科書見たと言えばよい」発言 委員「そう言った」と証言 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31