« 若者の生活保障~コミュニティ、労働、教育の観点から | トップページ | 6割「つくる会系」反対 教科書問題 »

2011/09/07

玄葉外相発言に各党反発 「県民が踏まれている」

 自分の身柄は、東北の地に。どちらかというと山の方ですけどねえ。何をやっているかって、それは企業秘密です(笑い)。今週は、この地にとどまっています。ホテルでニュースをチェック。

玄葉外相発言に各党反発 「県民が踏まれている」(琉球新報)

 米軍普天間飛行場移設・返還問題をめぐり、玄葉光一郎外相が就任インタビューで、名護市辺野古に移設するとした日米合意の県民理解について「踏まれても蹴られても、誠心誠意県民と向き合っていくしかない」と発言したことに、県内の各党から「踏みつけられているのは県民」「理解できない発言だ」など、一斉に批判の声が上がった。ただ民主党県連は「県民と向き合う姿勢の表れ」とし、発言の真意を推し量った。
 池間淳自民党県連幹事長は「踏みつけようとしているのは政府であり、逆だ。踏まれてもくじけず、きちんと県外を求めていく」と強調。「責任を県民になすりつける民主党の体質が表れた」と批判した。
 仲村未央社民党県連書記長は「足蹴(あしげ)にされているのは県民の側。蹴られっぱなし、踏みつけられっぱなしだ」と述べた。その上で「沖縄の民意に全く理解がないことをあらためて浮き彫りにした」と断じた。
 嘉陽宗儀共産党県議団長は「逆立ちも甚だしい。これまで県民は、どんな圧力にも屈せず辺野古移設反対を訴えてきた。力ずくで県民を押さえつけようとする立場で、発言は絶対に許せない」と憤った。…

 ほんとに、もっとも踏みにじられている県民の感情をどう思っているか、何様のつもりだろうか。昨日、那覇に住む友人からまたメールをもらったけど、どれだけ、騒音でうるさいか。
 だいたい、発言のスタンスが、誰の立場に立っているのかということを考えないのかなあ。あからさまな、アメリカの代弁者ということをどれだけ、自覚されているのだろうか。だけど、それが、最大の弱点で、絶対に沖縄は許さないですよ。ボクらもぜったいに沖縄に連帯してがんばりますよ!ほんとに!

« 若者の生活保障~コミュニティ、労働、教育の観点から | トップページ | 6割「つくる会系」反対 教科書問題 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52673491

この記事へのトラックバック一覧です: 玄葉外相発言に各党反発 「県民が踏まれている」:

« 若者の生活保障~コミュニティ、労働、教育の観点から | トップページ | 6割「つくる会系」反対 教科書問題 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31