« かすかな光へ | トップページ | 「お政治」をやめ有権者信じよ »

2011/08/30

幹事長輿石氏、政調会長は前原氏 野田新首相が民主役員人事

 今日は印刷工場に行って、グラビアの刷りだし立ち会いからスタート。職場で、実務をこなし、会議、そしてふたたび、印刷工場へ。
 さて、テレビでは、首班指名。これもおもしろくないなあ。

幹事長輿石氏、政調会長は前原氏 野田新首相が民主役員人事(中日新聞)

 民主党の野田佳彦新代表(54)は30日、衆参両院の本会議で第95代、62人目の首相に選出された。これを受け、野田氏は党役員人事に着手し、幹事長に輿石東参院議員会長(75)、政調会長に前原誠司前外相(49)、国対委員長に平野博文元官房長官(62)の起用を決めた。
 幹事長代理には樽床伸二元国対委員長(52)を充てる。民主党は31日の両院議員総会で、これらの人事を正式決定する。
 野田氏は30日、断続的に輿石氏と会談し、幹事長就任を要請。輿石氏は当初難色を示したが、最終的に了承した。参院議員が同党の幹事長となるのは初めて。
 輿石氏は、参院議員会長をそのまま兼務する。民主党は、参院議員会長代行を置くことも検討している。
 小沢一郎元代表に近い輿石氏と、鳩山由紀夫前首相の下で官房長官を務めた平野氏を起用するのは、挙党態勢を構築する狙いとみられる。野田氏は同日夜、記者団に、党役員人事に関して「国民のためにしゃにむに働く政治を実現する狙いから、適材適所で選んだ」と説明した。…

 なるほど、野田さんは、菅さんのまずかったことを修正しようとしているのか。菅さんに課せられていた、保守路線への回帰とアメリカ追随、構造改革推進の政治をすすめるために障害となっていた問題、野党との関係の改善と、党内抗争をひとまず、落ち着かそうと。だけど、根本的には、マニフェスト問題1つをとっても、財政問題をとっても、先延ばしということにしかならないわけで。結局は、いずれはいろいろな問題がおこるということを内包したままで、この内閣はスタートするのかな。だけど、より根本的には、そこでの議論は、まったく国民から離れてしまっていること。行き詰まりは行き詰まるのだけれども、どのような形でそれがすすんでいくのか、どのように、ボクらは声をあげていくのか。
 もともと、そういうことって、民主党の民主党である所以なのかなあ。などなど考えたり、であるなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« かすかな光へ | トップページ | 「お政治」をやめ有権者信じよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幹事長輿石氏、政調会長は前原氏 野田新首相が民主役員人事:

« かすかな光へ | トップページ | 「お政治」をやめ有権者信じよ »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31