« やるなあ全大教 『子ども・若者の生活と学びへの公的支援を求める特別決議』 | トップページ | 貧困の現場から/メディアの仕事 社会的養護の現状と子どもたち »

2011/08/03

生徒の半数が「不本意」、定時制高校生の志望動向調査/神奈川

 昨日、高校入試のことについて、少し書いたけれど、実は、神奈川は、再び、入試制度が変わろうとしている。前後期にわかれ、多様化していた入試制度を、シンプルにするというものだ。ただ、よく見てみると、それはそれで、いろいろあるようなのだけれども。だけど。

生徒の半数が「不本意」、定時制高校生の志望動向調査/神奈川(神奈川新聞)

 今年4月に県内の定時制高校(夜間)に入学した生徒のうち、本来は公立高校の全日制課程を志望していた「不本意入学者」が半数を占め、前年度から大幅に増加したことが2日、県教育委員会の調査で分かった。公立高の全日制進学率が8年連続ダウンする一方、定時制は3年連続で上昇。経済的理由で私学への進学を断念した生徒の割合は前年度の3倍に膨れ上がり、経済格差が受験動向に影響をもたらす実態があらためて浮き彫りとなった。
 県教委がまとめた定時制高校入学者の志願動向等調査(回答者数1639人)によると、受験時に公立全日制を志望していた生徒の割合は前年度比8・2ポイント増の48・5%に上った。中でも、経済的理由で私学進学を諦めた生徒は前年度比19・2ポイント増の28・1%にまで増加した。
 公立の全日制を志望したにもかかわらず定時制に通う理由としては、学力不足が最多の11・7%(前年度比0・6ポイント増)。「私立の全日制は経済的に困難」と答えたのは8・0%(同5・7ポイント増)だった。
 公立高全日制の不合格者が私学ではなく定時制に流れている実態は、県教委が同日公表した進路状況調査でも鮮明に表れた。
 集計によると、今春公立中学を卒業した6万6521人のうち高校進学者は6万5335人で、進学率は過去最高の98・2%。ただ、課程別で見ると、全日制進学率は88・0%(前年度比0・2ポイント減)となり、1970年前後の水準にまで下落。一方、定時制は4・3%(同0・1ポイント増)に増加、通信制も4・7%(同0・2ポイント増)に増えた。…

 全日制を減らし、私学に流れず、定時制に集中したため、神奈川は、定時制の定数を、ものすごい勢いで拡大し、さらに、通信制高校を拡充してきた。だけど、それが、中学生や高校生に、どんな負担をもたらしているのか、が、明らかになった感じだ。現場も混乱にした、たくさんの入学生をひきうけることになった定時制高校は、4月には教員数も足らず、授業ができないという事態も生じた。
 新自由主義の教育改革が、ものすごい勢いで、すすめられたわけだけど、現場ではその破たんというものも、あらわになっている、神奈川の高校の組合も日教組だけど、そこでさえ? 入試制度を変えることを求める決議が大会であがるほど、教職員も含めて、大きな議論にもなったのだ。
 東京だって、新自由主義の矛盾は、現場では広がっている。そのときにいま、どういうとりくみが求められているのかとうこともよく考える必要が出ているのだろうか。ていねいな分析が必要な気がしてきている。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« やるなあ全大教 『子ども・若者の生活と学びへの公的支援を求める特別決議』 | トップページ | 貧困の現場から/メディアの仕事 社会的養護の現状と子どもたち »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52384919

この記事へのトラックバック一覧です: 生徒の半数が「不本意」、定時制高校生の志望動向調査/神奈川:

« やるなあ全大教 『子ども・若者の生活と学びへの公的支援を求める特別決議』 | トップページ | 貧困の現場から/メディアの仕事 社会的養護の現状と子どもたち »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31