« 「大阪の教育大混乱する」府教育長、維新条例に | トップページ | なぜ首都圏青年ユニオンは勝つのか »

2011/08/28

福島 原発と人びと

S1322 フォト・ジャーナリストの広河さんは、チェルノブイリの子どもたちへの支援にとりくんでいた。その広河さんが福島の人たちを描く。地震、そして事故発生直後の様子、原発作業員は何を見たかの聞き取り、避難した人びとのリポート、メディアと一体になっら事故の隠蔽、広がる放射能被害、そのなかでの子どもと学校。正直、涙なしには読めない。もっと、なんというか、あおるような文章だと思っていたけれども、読ませる。
 だけど、最後の部分は、ちょっと、ちがうけど。うーん、放射能の影響については、いろいろな見解がある。そこは冷静に、議論すべきところだと思う。そのうえだ、大事なことは、子どもたちに不必要な被曝をさせないためにあらゆる手だておとることだと思う。その合意をつくりあげるうえでも、ここは議論の仕方を少し考えさせられる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「大阪の教育大混乱する」府教育長、維新条例に | トップページ | なぜ首都圏青年ユニオンは勝つのか »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52590891

この記事へのトラックバック一覧です: 福島 原発と人びと:

« 「大阪の教育大混乱する」府教育長、維新条例に | トップページ | なぜ首都圏青年ユニオンは勝つのか »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30