« 弁護士志望の司法修習生、4割が就職先未定 過去最悪 | トップページ | 東芝・日立など OBが“自社”原発検査 10年で36人 保安院に再就職 »

2011/08/26

普天間よ

374005 大城立裕さんの「カクテル・パーティ」を読んだのは、もう3年ほど前のこと。小説そのものが久しぶりだけど(苦笑)、大城さんのこの小説を読んだ。短中編が7編。うち沖縄戦を、その時代から描いたものが3本、現代から沖縄戦をふり返ったものが3本、いまの沖縄を描いたものが1本。なかでも、最初の「夏草」と最後の「普天間よ」が印象深い。
 たしかに沖縄戦は、いまにも続く。沖縄がいまだ戦争のもとにあるのは、沖縄戦が生み出した帰結でもある。その沖縄戦を、生き抜こうとしたように、沖縄の今を人は生き抜ける。普天間の今は、すべて日常だ。そのなかに、由美子ちゃん事件も、宮森小も、95年も、沖国大の事件もあるのだ。その忍従のなかに、日常を突破する思いがある。
 一言でかたり尽くせない、沖縄の思いの積み重ねを、訴えているのだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 弁護士志望の司法修習生、4割が就職先未定 過去最悪 | トップページ | 東芝・日立など OBが“自社”原発検査 10年で36人 保安院に再就職 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52574798

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間よ:

« 弁護士志望の司法修習生、4割が就職先未定 過去最悪 | トップページ | 東芝・日立など OBが“自社”原発検査 10年で36人 保安院に再就職 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31