« 小中学校2万棟が耐震不十分 文科省調査 | トップページ | 弁護士志望の司法修習生、4割が就職先未定 過去最悪 »

2011/08/25

福島の子どもたちは今

 いわきに住む、お母さん弁護士の菅波香織さんが表題の文章をネットで発表されている。いろいろ考えさせられる文章である。
 あらためて、子どもの被曝というものに関して、この国の政府は、ただしい対処をしてきたのかということを問わずにはいられない。なぜ、情報を隠したのか? なぜ、きちんとした調査をしなかったのか?
 そして、なによりこの国の対処のあり方は、国際的な準則にもとづいて、子どもを被曝させないためのあらゆる対処を行おうとしたのか。子どもには、必要のない被曝をさけるというのが鉄則である。

 にもかかわらず、除染すら十分すすまないのはどういうことなのだろうか? 一筋縄ではいかない、この除染をすすめる本格的な体制はなかなかつくられない。それどころか、膨大に生まれている放射性廃棄物の処理は、結局は、自治体におしつけるというのだろうか?

 避難1つをとっても、あまりにも個人の負担が大きい。自主避難にいたっては、いっそうだ。人として生きる権利の回復ではないのか? それをおこなうのは国家の責任ではないのか?
 いま、生まれている不幸や困難に、ボクらはなにができるかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 小中学校2万棟が耐震不十分 文科省調査 | トップページ | 弁護士志望の司法修習生、4割が就職先未定 過去最悪 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52567662

この記事へのトラックバック一覧です: 福島の子どもたちは今:

« 小中学校2万棟が耐震不十分 文科省調査 | トップページ | 弁護士志望の司法修習生、4割が就職先未定 過去最悪 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31