« 「線量計つけず作業、日本人の誇り」 海江田氏が称賛 | トップページ | 読売TV、不当労働行為に認定 年俸契約拒否は降格 »

2011/07/25

被災地労働者 過酷な現状報告

 今日は、一日中、印刷工場に籠もっての作業の日。いやあ、疲れたあ。
 さて、それはそうと、ニュースをクリップ。

被災地労働者 過酷な現状報告(NHK)

 東日本大震災の被災地や東京電力の福島第一原子力発電所で働く下請けの建設労働者が都内で集会を開き、ずさんな安全管理のまま当初の約束よりも低い賃金で働かされているなどと、過酷な現状を報告しました。
 東京・千代田区の日比谷公会堂には、大手建設会社の下請けで働く労働者ら、およそ1500人が集まりました。このうち、岩手県で仮設住宅の建設に携わった男性は「当初2万円の日当が出るという元受業者との約束だったが、実際には7000円しかもらえず食事もままならない。狭い宿泊場所で40人が過ごす劣悪な環境だった」と報告しました。また、集会では、福島第一原子力発電所の汚染水の処理や配管工事の現場では、放射線に対する説明や熱中症対策もない過酷な状況で働かされ、逃げるように現場を離れる作業員もいることが報告されました。宮城県気仙沼市の仮設住宅の建設現場で働いていた男性は「元の約束の半分の賃金で働かされ、本当に困っている。国もこの状況をしっかり把握して改善してもらいたい」と話していました。主催した団体によりますと、過酷な労働条件でも被災者の苦労を考えると声を上げにくい状況で、問題が表に出にくくなっているということで、団体は、今後、被災地での労働状況の実態把握を進めることにしてます。

 被災地での労働は本当に、劣化しているようだ。だけど、よく考えてみると、被災地の仕事の多くは、行政が発注したりしているものだ。そこでの労働がこれだけ劣化する。そのことに手を打たない(打てないじゃなく打たない)政治っていったいなんなんだろうなあと痛感する。そして、そこで働く人が声をあげにくい状況があるのなら、全国からの支援と連帯がいまこそ必要なときはない。雇用と労働をめぐるたたかいは、実は大きな課題なのだと思う。

 同時に、原発でのそれは、たぶんより構造的。これまでも原発にたかるような形で、何重もの労働を派遣するやり方に群がってきたのだから。そして、いちばん弱いものが、もっとも危険にさらされる。そんな構造が全然変わってないということなんだろうなあ。
 ほんとうに、よく考えないといけないなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「線量計つけず作業、日本人の誇り」 海江田氏が称賛 | トップページ | 読売TV、不当労働行為に認定 年俸契約拒否は降格 »

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52307481

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地労働者 過酷な現状報告:

« 「線量計つけず作業、日本人の誇り」 海江田氏が称賛 | トップページ | 読売TV、不当労働行為に認定 年俸契約拒否は降格 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30