« シリーズ 福島の障害者はいま(2)“避難”したけれど・・・ | トップページ | 朝日新聞の大転換? »

2011/07/12

09年貧困率、16.0%に上昇=高齢者1000万世帯を突破-厚労省調査

 ニュースと資料をクリップ。

09年貧困率、16.0%に上昇=高齢者1000万世帯を突破-厚労省調査(時事通信)

 全国民の中での低所得者の割合や経済格差を示す「相対的貧困率」が、2009年は前回調査した06年より0.3ポイント増の16.0%と、1985年以降で最も高くなったことが12日、厚生労働省の10年国民生活基礎調査で分かった。17歳以下を抽出した「子どもの貧困率」も同1.5ポイント増の15.7%に上った。
 相対的貧困率の公表は今回で2回目。調査のデータ自体は1985年までさかのぼることが可能で、以前の分は改めて算出した。
 国民の可処分所得を高い順に並べ、中央となる人の額(中央値)の半分未満の人の割合を示すのが相対的貧困率で、09年は所得112万円未満が貧困の基準となっている。同省は貧困率の上昇理由について「所得の低い高齢者や非正規労働者が増えたため」とみている。これまでで相対的貧困率が最も高かったのは前回調査の06年。
 また10年6月時点で、65歳以上の高齢者のみで構成される世帯数は、1018万8000世帯で、調査開始後初めて1000万世帯を突破した。介護に関する項目では、高齢者同士で介護するいわゆる「老老介護」の割合が65歳以上同士で45.9%となった。
 このほか、09年の1世帯当たりの平均所得は前年比0.4%増の549万6000円。生活意識について「苦しい」と答えた世帯の割合が59.4%と、前年より1.3ポイント増加した。
 調査は10年6~7月、世帯構成などについては約29万世帯分、所得は約3万6000世帯分、介護は約7200人分を対象に、調査票を配るなどして集計した。…

 資料の貧困の部分はこれ。

 もちろん、貧困の対策のために、セイフティネットの再構築が緊急に求められているのはいうまでもない。だけど、同時に、社会全体が貧困化しているし、とくに子どもをもっている世代の経済的な不安定が顕著になっているのだと思う。だとすれば、ある所得の線以下の層への対策というだけにとどまらないような、必要な人への必要な社会保障や教育などの制度の拡充も同時に必要なのだと感じるなあ。だけど、結局、政権交代ではじまったのは高校無償化ぐらいで、子ども手当もすでに風前のともしびだしねえ。これはどうなるのかなあ。

 いずれにしても、ちょっと、深刻なデータであるのだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« シリーズ 福島の障害者はいま(2)“避難”したけれど・・・ | トップページ | 朝日新聞の大転換? »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52191551

この記事へのトラックバック一覧です: 09年貧困率、16.0%に上昇=高齢者1000万世帯を突破-厚労省調査:

« シリーズ 福島の障害者はいま(2)“避難”したけれど・・・ | トップページ | 朝日新聞の大転換? »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31