« 児玉龍彦教授の怒り そして なぜ対処がすすまないのか | トップページ | 安全確認し原発再稼働 エネ戦略中間報告 »

2011/07/29

保安院 「やらせ」依頼 中部電力シンポ

 ほんとうに仕事が遅いことにいらだちを覚えるわけだけど、こんな問題への対処だけはやたらと早かったりする。

保安院 「やらせ」依頼 中部電力シンポ(東京新聞)

 二〇〇七年八月に中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の「プルサーマルシンポジウム」が国主催で開かれ、経済産業省原子力安全・保安院が地元住民に発言させる「やらせ」の依頼があったことが二十九日、分かった。中部電力の寺田修一法務部長が同日、名古屋市の本店で会見し説明した。
 中電側は依頼を受け、本店の社員が発言の文案をいったん作成したが、「特定意見を表明するように依頼することはコンプライアンス(法令順守)上、問題がある」と最終的に依頼を拒否した。
 保安院の森山善範原子力災害対策監は同日の記者会見で、依頼について「把握していない」と述べた。
 九州電力の「やらせメール」問題など一連の問題で、国の関与が明らかになったのは初めて。シンポジウムは国による「自作自演」と批判を浴びそうだ。
 また、保安院からは、会場に空席が目立たないように参加者集めの依頼もあった。
 寺田部長は「特定の意見を表明するよう依頼することは行っていない」と説明。シンポでは、参加者による質疑で十二人が発言したが、すべて原発の安全性やプルサーマルに否定的な考えで、「当社が事前に作成した文案と類似する発言はなかった」と否定した。
 シンポへの参加依頼では、浜岡原発の関連部署に勤務する社員約七百人にメールや口頭で求めたほか、協力会社三十六社や地元住民にも幹部が訪問するなどしていたことを明らかにした。シンポには全体で約五百人の参加があり、中電からは百五十人程度が出たという。協力会社などからの参加人数は「把握していない」と明言を避けた。…

 官僚組織っていうものが大事にしていることがわかろうものだ。ちょっとなあ。
 ちなみに、九州電力の「やらせメール」問題を受け、国は電力会社に二十九日までに報告するよう指示。各電力会社からあがってきた報告書はここにある

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 児玉龍彦教授の怒り そして なぜ対処がすすまないのか | トップページ | 安全確認し原発再稼働 エネ戦略中間報告 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52341516

この記事へのトラックバック一覧です: 保安院 「やらせ」依頼 中部電力シンポ:

« 児玉龍彦教授の怒り そして なぜ対処がすすまないのか | トップページ | 安全確認し原発再稼働 エネ戦略中間報告 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30