« 4人に1人以上が発達障害!? 引きこもる大人たちが働けない本当の理由 | トップページ | F15墜落不十分な空自説明 識者「住民の不信に」 »

2011/07/08

「庄や」役員に損害賠償、絶えない外食産業での過労死

 今日は、午前中は会議です。風邪はなかなか抜けませんが、生活のリズムは、普通に戻りつつあります。
 さて、東洋経済オンラインの今日配信の記事からです。

「庄や」役員に損害賠償、絶えない外食産業での過労死(東洋経済オンライン)

 従業員の過労死をめぐる裁判で、会社と役員個人の責任を認める判決が再び下った。上場企業で役員個人への損害賠償が認められるのは、極めてまれな事例となる。
 損害賠償を命じられたのは、「庄や」「日本海庄や」などを手掛ける居酒屋チェーン大庄と、平辰(たいらたつ)社長ら役員4名。2007年4月に同社へ入社後4カ月で心機能不全により死亡した、吹上元康(ふきあげもとやす)さん(享年24)の両親が起こした訴訟だ。10年5月25日の京都地裁に続き、11年同日の大阪高裁でも大庄側が敗訴した。
 両判決では大庄と役員4名に連帯して約7860万円の支払いを命令。被告らは11年6月8日、控訴棄却を不服として上告し、判決内容は最高裁まで争われることになった。
 裁判の大きな争点は、元康さんの長時間労働と死亡の因果関係だ。元康さんは入社4カ月で月平均276時間働き、うち平均112時間の時間外労働をしていた。大庄側は、元康さんの睡眠時間が短かったこと、酒量が多かったことなどを死亡原因として主張。だが一、二審とも裁判所はそうした事実を否定し、「被告会社の安全配慮義務違反等と元康の死亡との間に相当因果関係があるものと認められる」と断じた。
 被告らが負うべき責任範囲についても厳しい判決が下された。
 大庄は新卒募集の際、基本給ともいうべき給与の最低支給額19万4500円に、「80時間の時間外労働」を組み込んでいた。つまり、時間外労働として80時間勤務しないと不足分が控除される仕組みだったが、就職情報サイトには「営業職月給19万6400円(残業代別途支給)」と記載。また、労使協定で例外として時間外労働を認める三六協定(労働基準法36条)では、6カ月を限度に1カ月100時間の時間外労働を許容していた。そのため、例外である時間外労働を給与の最低支給額に組み込む、“残業ありき”とも捉えられかねない給与体系だった。…

 若者を働く場をにかかわっては、ブラック企業の広がりが告発され続けている。なかでも、裁判を通してたたかいもひろがっている。これは、過労死という最悪のケースだけれども、ほんとうに過酷な労働を、考えられないようなひどい働かせ方で強要する。
 こんなたたかいが、若者の励ましになればいいなあと、願ってやまないのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 4人に1人以上が発達障害!? 引きこもる大人たちが働けない本当の理由 | トップページ | F15墜落不十分な空自説明 識者「住民の不信に」 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52151279

この記事へのトラックバック一覧です: 「庄や」役員に損害賠償、絶えない外食産業での過労死:

« 4人に1人以上が発達障害!? 引きこもる大人たちが働けない本当の理由 | トップページ | F15墜落不十分な空自説明 識者「住民の不信に」 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31