« F15墜落不十分な空自説明 識者「住民の不信に」 | トップページ | 若者問題への接近 若者政策のフォローアップと新たな展開 »

2011/07/08

「若者の高学歴化、就職にはつながらず」労働経済白書

 今日は、夜はちょっとした会合があるので…。さて、ある人がつぶやいていたので、早速、チェックしてみた。

「若者の高学歴化、就職にはつながらず」労働経済白書 2011年版 教育内容の再検討訴え(日本経済新聞)

 細川律夫厚生労働相は8日の閣議に2011年版「労働経済の分析(労働経済白書)」を提出した。大学進学率が1990年以降20年で急速に上昇する一方、教える内容が社会のニーズに合っていないと分析し、若者の高学歴化が必ずしも就職につながっていないと指摘した。卒業しても仕事がない若者を減らすには、大学の就職支援や、学生に教える内容の再検討が必要だと強調した。
 2011年春卒業した大学生の就職率は91.1%となり、前年に比べ0.7ポイント悪化した。中学卒や高校卒は前年に比べ改善したが、大卒者の就職は依然として厳しい状況にある。足元で景気は持ち直しの途上にあり、企業の採用意欲も改善するはずだが、実際は就職率の伸びにつながっていないと白書は指摘する。
 「大学を卒業して就職も進学もしない人」の割合は2010年は24.2%になった。2000年に32.4%と過去最高になった後は景気回復で就職する人が増え、就職・進学ともにしない人は減っていたが、09年以降は増加に転じ、10年は大きく増えた。…

 白書の実物はここ。
 なるほど、日経が指摘するように、大卒以上の層の、就職をめぐる困難はなかかな厳しい状況だ。だからといっても、教育内容を変えるということを言われてもねえ。それを100%否定はしないけど、ちょっと言っていることはちがうような気がするなあ。

 同時に、朝日や共同の記事で強調されていることでもあるんだけれども、1970年代後半生まれの「ポスト団塊ジュニア」の男性が、他世代に比べて非正規雇用から抜け出せない人の割合が高く、90年代から本格化した派遣社員など非正規拡大のひずみが集中している。バブル経済崩壊後、企業が進めた非正規拡大や採用抑制が、70年代以降生まれの雇用を直撃。特に70年代後半生まれの男性は、非正規の割合が10%台半ば付近に高止まりしたまま30代に達したと指摘。結局、この層への支援の必要性がずっと言われているにもかかわらず、何も変わっていないということでもある。それが、どんどん家庭に滞留し、大きな問題になろうとしているのだろうが。とても、政治が、そんなことに向き合うような気配のないなかで、課題だけが山積していくのだけれどもなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« F15墜落不十分な空自説明 識者「住民の不信に」 | トップページ | 若者問題への接近 若者政策のフォローアップと新たな展開 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52152815

この記事へのトラックバック一覧です: 「若者の高学歴化、就職にはつながらず」労働経済白書:

» ★原発災害を乗り越えて福島の未来を考えよう! [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★「現場は戦争」~福島第一原発の作業員Tさんインタビューhttp://www.o [続きを読む]

« F15墜落不十分な空自説明 識者「住民の不信に」 | トップページ | 若者問題への接近 若者政策のフォローアップと新たな展開 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30