« 退職教員:精神疾患940人 病気理由の半数--09年度文科省調査 | トップページ | 保安院 「やらせ」依頼 中部電力シンポ »

2011/07/29

児玉龍彦教授の怒り そして なぜ対処がすすまないのか

 今日は、午前中は会議で、午後からは取材。今月の雑誌づくりが終わったばかりなのに、けっこう忙しい。

 ところで、今日は、twitterやFBで、27日の衆院厚生労働委員会での、児玉龍彦東大教授の発言がものすごく話題になっている。
映像はこれ
それを起こしたものがこれ。

 ちなみに、今日だけで映像の視聴は6万回を超えたそうで、相当の反響があったためであろう、息子さんがtwitterで発言をしていて、それをまとめたものが、ここ。

 児玉さんの怒りは正当なものだと思う。それは、政治の側での、事態への認識が、ほんとうは、しっかりしていないということのあらわれなのかとも感じる。
 児玉さんは、国会は何をやっているのかと問いかけたけれど、そういう認識の薄い議員が多いなかでも、さまざまな議論も一方ではある。たとえば、共産党の宮本岳志議員は、学校の除洗について、追求してきた。対象にある学校は314校あるそうだけれども、実は、いまの時点で、完了した学校は96校にすぎないと言う。いまだ着手すらしていない学校が100に登るそうだ。いろいろな対処が必要だけれども、学校の除洗は、出発点というか、ここがはじまっていないと、話にならないようなそういう課題だ。なぜ、それがすすまないのか。質問するまで、文部科学省は実態をつかんでいないという。つかんでみると、議会の承認が必要だとか、体制がないとか。そういうことを,一つ一つ解決をすることを、文部科学省はしないという水準なのだ。政治主導を掲げる民主党だけれども、大臣や副大臣、政務官などがこの点で、十分なイニシアチブを発揮した形跡はない。

 つまり、政府の、政府を担う政治の認識がそういう水準なのだ。そういう意味で、ボクも、はやり強い怒りを感じざるをえない。
 児玉発言を聞いても、国が、あらゆる専門家の知恵や力を結集して、総力をあげる。それも迅速に、そのために、必要なことをすべてするという覚悟が、ほんとうに求められるはずだと思うのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 退職教員:精神疾患940人 病気理由の半数--09年度文科省調査 | トップページ | 保安院 「やらせ」依頼 中部電力シンポ »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52341401

この記事へのトラックバック一覧です: 児玉龍彦教授の怒り そして なぜ対処がすすまないのか:

« 退職教員:精神疾患940人 病気理由の半数--09年度文科省調査 | トップページ | 保安院 「やらせ」依頼 中部電力シンポ »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30