« 在沖基地の海外分散を進言 米ナッシュ報告 | トップページ | 自衛官自殺で8千万円賠償命令 静岡地裁浜松支部 »

2011/07/11

原発再稼働「反対」51%、JNN調査

 やらせメール問題は、まあ、かなり大がかりなものだったことがその後の大手メディアの後追い報道でよりあきらかになりつつあるわけで、いっそう原発をめぐる世論は、再稼働に批判的になっている。これが、日本の経済のありよう、エネルギーのありように前向きの変化を踏み出す一歩につなげていかないといけないよなあと。

 今日は、世論調査を1つ。

原発再稼働「反対」51%、JNN調査(TBS)

 停止中の原子力発電所の再稼働をめぐり、政府の対応が混乱する中、JNNが行った世論調査で、半数を超える51%の人が原発の再稼働に「反対」であることがわかりました。
 調査は9日・10日に行いました。菅内閣の支持率は、先月より10ポイントあまり下落して17.7%となり、過去最低を記録しました。 また、不支持はおよそ12ポイント増えて8割を超えました。
 停止中の原子力発電所の再稼働をめぐり、政府の対応が混乱する中、原発再稼働の是非について聞いたところ、「反対」が51%と半数を超え、「賛成」の35%を上回りました。
 「ストレステスト」の導入をめぐる政府の対応については、「評価しない」が「評価する」をわずかに上回りましたが、民主、共産、社民の3党の支持者に限って見ると、「評価する」が過半数となっています。
 原発の是非が衆議院の解散・総選挙の争点になるかどうかについては、8割の人が「争点になる」と回答。有権者の原発問題に対しての関心の高さが浮き彫りとなりました。
 東日本大震災の復興の財源のための増税については、肯定的に考える人が6割で、社会保障の財源のための消費税率10%への引き上げについても同じような傾向となりました。
 菅総理の退陣時期については、「今すぐに」と「8月末までに」を合わせると63%に達し、およそ7割の人が、菅総理が辞めないことによって「政治空白が生じている」としています。…

 これが世論調査のそのものの結果。

 今日は、NHKも世論調査の結果を発表していた。そこで、菅さんのあとの、政権のあり方を聞いていた。その結果が「菅総理大臣が退陣したあと、「ねじれ国会」に打開に向けてどうすべきだと思うか聞いたところ、▽「与党と野党が政策ごとに連携すべきだ」が36%、▽「与党と自民党以外の野党が連立政権を組むべきだ」が5%、▽「与党と自民党が大連立政権を組むべきだ」が15%、▽「衆議院の解散総選挙を行うべきだ」が31%でした。」だ。
 大連立への批判的な意見がここにきて、もう一度高まっている。やはり、なし崩し的に、旧来の自民党政治の形にもどっていくことへの国民的な抵抗感は強い。あらためて政策毎にしっかり議論して欲しいというのが国民の願いということだろうか。
 同時に、政権の正当性への批判も高まっている。これは、政党支持率をみても言えることだけれども、民主だけではなく、自民への批判も根強い。この解散要求の先の答えを国民が見いだしているわけではない。財源で頭から復興にストップをかけ、すでに今日で4カ月がたってしまった。どんな政治のあり方が、復興をささえるのか、大いに示し、議論すべきだのだと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 在沖基地の海外分散を進言 米ナッシュ報告 | トップページ | 自衛官自殺で8千万円賠償命令 静岡地裁浜松支部 »

メディア」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52182695

この記事へのトラックバック一覧です: 原発再稼働「反対」51%、JNN調査:

« 在沖基地の海外分散を進言 米ナッシュ報告 | トップページ | 自衛官自殺で8千万円賠償命令 静岡地裁浜松支部 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30