« 名護市長:防衛省の政務三役が面会を拒否 | トップページ | 新入社員「働くことの意識」調査結果 »

2011/07/06

子ども・子育て新システム:幼保一体「総合施設」 補助金を一本化--政府中間報告

 今日は一日中、インタビュー整理。同じ仕事を一日中していたので、そうとう精神的にも煮詰まり状態(笑い)。時間的には、だいぶ追い込まれていて、余裕がない。どうも、この夏は、こういう状況が続きそうだ。金欠のうえに、時間的にも精神的にも余裕がないなって、ちょっとなあ(苦笑)。なんとかせんとなあ。

 さて、今日、WGの会議で中間報告が決められ、夜には日弁連の集会もあった。夜参加するつもりだったけれども、インタビュー仕事に追われて、予定は変更した次第。

子ども・子育て新システム:幼保一体「総合施設」 補助金を一本化--政府中間報告(毎日新聞)

 政府は6日、新たな子育て支援策「子ども・子育て新システム」に関する中間報告をまとめた。幼稚園が担う教育と、保育所の役割である保育を併せて提供する幼保一体化施設「総合施設」の創設が柱。一部を除き、総合施設への移行を望まない幼稚園や0~2歳児対象の保育所も含め、名称を「こども園」に統一。定員割れが進む幼稚園を保育所待機児童の受け皿とするほか、企業が運営する保育施設の参入も認めて保育の量拡大を図り、待機児童の解消を目指す。
 政府は来年の通常国会への関連法案提出と13年度の施行を目指している。財源に想定する消費税の増税時期は不透明だ。
 当初は幼稚園、保育所を全廃し、幼保を一体化した施設をこども園とする考えだった。だが、幼稚園団体の反発で幼稚園のままこども園に移ることも可能としたほか、大学付属など一部幼稚園はこども園への移行自体を不要とした。「ブランド幼稚園」はそのまま存続しそうだ。
 さらに乳児受け入れに懸念を示す幼稚園側に配慮し総合施設には0~2歳児の預かりを義務づけず、0~2歳児対象の保育所は保育所のままこども園の指定を受ける。この結果「こども園」と呼ぶ対象は、総合施設と一部幼稚園・保育所のほか、企業や非営利組織(NPO)による保育施設となる。職員の配置など一定の基準を満たせば、無認可保育所もこども園に指定される。…

 内閣府のHPでは、まだ、中間報告はアップされていないけど、今日の会議の様子は動画で見られることになっている。

 だけど、結局、父母たちから出されて疑問に答えたのだろうか。新聞の記事を読んでいる限り、なぜ待機児問題がこれで解決するのかはどうもよくわからない。待機児の多くは0から2歳であるわけだから、ここに保育が拡充する保障があるとはとうてい思えない。しかも、公的な責任を撤退させるのだから、なおさら保育が保障されるのだろうか。いま、保育をめぐっては、ボクらの子育ての時代と比べものにならないぐらい大変になっている。それを本当に、拡充するということに全力を注がないで、どうして子育て支援と言えるのか。
 いいたいことは、いっぱいあるけれども、これだけ子育ての支援が大事だというのに、国や社会のもてる力をここに注がないのか。ほんとに政治の責任だよなあと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 名護市長:防衛省の政務三役が面会を拒否 | トップページ | 新入社員「働くことの意識」調査結果 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52139645

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども・子育て新システム:幼保一体「総合施設」 補助金を一本化--政府中間報告:

« 名護市長:防衛省の政務三役が面会を拒否 | トップページ | 新入社員「働くことの意識」調査結果 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31