« ハガネの女 シーズン2 | トップページ | 毎日新聞世論調査:原発再開「反対」51% 読売世論調査;原発減らすべき、なくすべき65% »

2011/07/05

「避難区域の拡大を」市民団体=埼玉の小学校1万ベクレル超も

 なかなか咳がとまりません。いやだなあ、この季節の風邪は、トホホです。
 さて、昨日紹介した、私の住む町のとりくみ、こんな記事がありました。

「避難区域の拡大を」市民団体=埼玉の小学校1万ベクレル超も(時事通信)

 福島第1原発事故を受け、市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」など6団体は5日、福島市内に高汚染地域が広がっているとして、避難区域の拡大などを求める声明を発表した。
 6団体は6月下旬、神戸大大学院の山内知也教授(放射線工学)の協力で、福島市内で放射線量を測定。同じ地区の複数の地点で毎時3.2~3.83マイクロシーベルトを観測した。
 山内教授は「高線量がスポットではなく、面として存在している」と説明。土壌調査では、最大で1キロ当たり4万6540ベクレルの放射性セシウムが見つかったという。
 6団体は「チェルノブイリ原発事故での『移住の義務区域』に匹敵する」と主張。政府が緊急時避難準備区域の解除や縮小を検討していることに反対し、「逆に広げるべきだ」と訴えた。
 また、山内教授は埼玉県三郷市の児童の保護者らから依頼を受け、市内の小学校周辺も調査。市の測定で毎時0.15マイクロシーベルトとされた小学校脇で、同1.86マイクロシーベルトを観測した。ここの土壌からは1キロ当たり1万3812ベクレルの放射性セシウムを検出。東京都内の清掃工場で出た焼却灰の同9740ベクレルを上回った。…

 この山内先生に、三郷の親たちも調査を依頼したそうです。記事にある、1.86マイクロシーベルトという数字は、ある小学校の正門横の農業用水路の土だそうです。三郷市付近の川の流域には関東一円の水が流れ込み、海とほぼ同高度であるため、セシウムを含む土砂が溜まりやすいのではという話です。予期せぬところで、このような箇所が、他にも、存在する可能性があることは否定できません。三郷市も、26箇所で調査していますが、子どもの通学路や生活圏にある、こういう指摘のある場所の調査をただちにすすめ、除洗・低減のための措置をおこなうことが緊急にもとめられるし、子どもへの対処も急がれます。
 今日、おこなった三郷市への親たちの要請はUSTREAMでも放映されています

 大きな課題ですね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ハガネの女 シーズン2 | トップページ | 毎日新聞世論調査:原発再開「反対」51% 読売世論調査;原発減らすべき、なくすべき65% »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52131672

この記事へのトラックバック一覧です: 「避難区域の拡大を」市民団体=埼玉の小学校1万ベクレル超も:

« ハガネの女 シーズン2 | トップページ | 毎日新聞世論調査:原発再開「反対」51% 読売世論調査;原発減らすべき、なくすべき65% »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30