« BS歴史館 「暗号名 ブロークン・アロー~隠された核兵器事故」 | トップページ | 児玉龍彦教授の怒り そして なぜ対処がすすまないのか »

2011/07/29

退職教員:精神疾患940人 病気理由の半数--09年度文科省調査

 こっそりとこういう調査が発表になっているんだもんなあ(昨日のこと)。「毎日」が、今日、大きく報じた。

退職教員:精神疾患940人 病気理由の半数--09年度文科省調査(毎日新聞)

 09年度にうつ病などの精神疾患を理由に退職した国公私立学校の教員が計940人に上っていたことが28日、文部科学省の調査で分かった。病気を理由にした退職者1893人の半数(49・7%)を占めている。精神疾患で退職した教員数が明らかになるのは初めてで、本格的な教員のメンタルヘルス対策が求められそうだ。
 公表されたのは10年度の学校教員統計調査の中間報告で、3年ごとに実施されている。
 精神疾患で休職する公立校の教員は年々増加し、09年度は5458人と病気休職者の6割以上を占めた。事態の深刻化を受け、文科省は今回の調査から病気退職者の中に精神疾患の項目を設けた。
 定年以外の理由で退職した教員の総数は3万4635人で、精神疾患を理由にした退職者は全体の2・7%。国公私立を合わせた校種別の内訳は、幼稚園229人▽小学校354人▽中学校194人▽高校120人▽大学38人▽短大5人。男女別では、男性306人(32・6%)に対し、女性が634人(67・4%)。高校を除く全ての校種で女性が男性を上回っている。
 文科省は調査結果について「経年変化を見ないと評価できない」とコメント。同省は、校務の効率化や教員の事務負担の軽減を進めるよう、都道府県教育委員会などに通知しているが、具体的なメンタルヘルスの対策は各教委に任されているのが現状だ。……

 調査の現物はここ。
 こういう調査というのは、調べ方や、評価の基準がどうよく理解できないところがあるから、これがどれだけ事実を反映しているのか、ちょっとわからないのだけれども、ただ、教師をめぐっては、相当たいへんで、深刻な事態が進行しているようにも思う。ボクのまわりの教師たちも、もうやめたいと言っている人が、ものすごく多いんだから。
 昨日、たまたま、電車で座っていると、前に初任研修帰りの女性が3人。その内容を聞いていると、仕事は上から下りてくるものばかりで、なかなか自分がやりたいことができない。一方で、ものすごく忙しく休めない。夏休みは休めるかと思ったが、あっという間に8月だ。体の変調がおこっている。というような話。いろいろ、考えさせられる。
 ただ、しんどさの原因は何なのか? きちんとした分析や議論はもっと必要だなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« BS歴史館 「暗号名 ブロークン・アロー~隠された核兵器事故」 | トップページ | 児玉龍彦教授の怒り そして なぜ対処がすすまないのか »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52339681

この記事へのトラックバック一覧です: 退職教員:精神疾患940人 病気理由の半数--09年度文科省調査:

« BS歴史館 「暗号名 ブロークン・アロー~隠された核兵器事故」 | トップページ | 児玉龍彦教授の怒り そして なぜ対処がすすまないのか »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30