« 時代が締め出すこころ―― 精神科外来から見えること ―― | トップページ | 「庄や」役員に損害賠償、絶えない外食産業での過労死 »

2011/07/07

4人に1人以上が発達障害!? 引きこもる大人たちが働けない本当の理由

 さっき紹介した本と、関係が深い問題だけど、『ダイヤモンドオンライン』で、次のような記事があった。

4人に1人以上が発達障害!? 引きこもる大人たちが働けない本当の理由

「引きこもり男性の26%は、発達障害の可能性が高い」――
 最近注目されている「広汎性発達障害」と、年々、高年齢化、長期化する「引きこもり」との関連性が、研究者の調査報告によって、このほど明らかになった。
 調査を行ったのは、徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部の境泉洋准教授(臨床コミュニティ心理学)らのグループ。
 境准教授らは、これまで8年間にわたって、引きこもり当事者や家族に大規模調査を実施してきた。今回、引きこもりと発達障害の関連を調べるため、2010年7月から9月にかけて、全国の引きこもり家族会や当事者の集まりなどで調査用紙を配布。その場で回収(一部は郵送によって回収)する方法によって、調査を行った。
 調査対象者のうち、協力が得られた回答者は、引きこもり本人82人と家族332人。

平均年齢31.61歳、平均期間10.21年
高年齢化と長期化が一層進む

 まず家族への調査によれば、引きこもり本人の平均年齢は31.61歳で、最年長は51歳。男性が75.6%。2008年に調査したときの平均年齢30.12歳に比べると、約1.5歳上がっている。引きこもりの高年齢化が進んでいることは、ここでも裏付けられた形だ。
 引きこもり期間も、平均10.21年で、最長は34年。08年の調査では、平均8.95年だったため、今回は10年を超えて、やはり長期化も進んでいる。
 また、「就労経験(アルバイトを含む)がある」と答えた人は、181人。全体の54.5%と高い。
 これまでの引きこもりの不登校の延長というイメージと違い、半数以上が就労してから職場不適応を起こす、“新たな引きこもり層”であることが、このデータからもうかがえる。…

 記事はさらに次のようにすすむ。

・引きこもり男性の26.3%が発達障害の可能性 働きだして初めて自覚する当事者たち
・恨みやつらい経験、感覚に敏感 気持ちの切り替えが困難に
・非常に強い就職活動への不安 「体験の回避」をする傾向も

 これこそ、かつての古い共同体なども存在し、あるていどの非効率も包容した社会であれば、問題にならなかったものが、個別で社会にむき出しで放り出されるなかで、問題とされていくということかなあ。
 だけど、そういうしんどさや生きずらさは、異常な競争的な余裕のない職場の状況は何とかしなければならないけれども、一方で、社会的な支援があれば、かなり解決はできる。すでにサポステなどで、行政と協力しながら、発達障害への就労支援をすすめているところなども生まれはじめている。
 だけど、総じて、高校や大学、そして就労の場での社会的な支援は、やはり弱いのも事実でもある。あきらかに、それは社会的に自覚されはじめているし、現場で、問題を自覚している人も多い(たとえば大学や高校の中退などは、そうなのだと思うが)。だけど、そのことを解決する社会的なとりくみはまだはじまったばかり。絶対に、個人の責任、家庭の責任だけに閉じ込めてはいけないのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 時代が締め出すこころ―― 精神科外来から見えること ―― | トップページ | 「庄や」役員に損害賠償、絶えない外食産業での過労死 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52147834

この記事へのトラックバック一覧です: 4人に1人以上が発達障害!? 引きこもる大人たちが働けない本当の理由:

« 時代が締め出すこころ―― 精神科外来から見えること ―― | トップページ | 「庄や」役員に損害賠償、絶えない外食産業での過労死 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31