« 被災者の生活保護打ち切り相次ぐ 避難所生活など理由 | トップページ | 続報 放射能汚染地図 »

2011/06/05

議論する独裁者 橋下徹と「維新」の行方

 取材に行こうとおもったけれども、体調が思わしくないので、家でたまった録画映像をみることにした。

20110508 んでもって、数週間前にNNNドキュメントで放映された、表題の番組を見た。参考になるのかなあと思ったけど、ほとんど参考にはならなかったし。なぜ、こうも橋下は府民の支持が集まるのか。
 ただ、議論する独裁者とは、ウソっぽい。議論の姿はそこにはない。だから、支持は過渡期的であることはちがいないのだけども、実は都道府県行政というのは、有権者にとって、わかりにいく遠い存在だ。国政のようにはっきり争点が提示されるわけでもなく、市町村ほど生活に近くはない。そこで、うまいぐあいに、府民の、行政(公務員)や議会への不信にのっかった敵を、示すということかなあ。

 実際に、議論を抜きに、君が代条例や、定数削減を強行した。では、その後、それをどのように府民はうけとめるのだろうか?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 被災者の生活保護打ち切り相次ぐ 避難所生活など理由 | トップページ | 続報 放射能汚染地図 »

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51862090

この記事へのトラックバック一覧です: 議論する独裁者 橋下徹と「維新」の行方:

« 被災者の生活保護打ち切り相次ぐ 避難所生活など理由 | トップページ | 続報 放射能汚染地図 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31