« 自殺3万人超、13年連続=政府白書 | トップページ | リビア介入「憲法違反」 米下院10議員、大統領を提訴 »

2011/06/16

迷走・永田町 次期首相の本命が野田財務相って… 仙谷吹けど「大連立」踊らず

 今日は、会議の日。どうも会議っていうのは、好きじゃないですよねえ(苦笑)。
 政治の舞台のほうは混迷が続きます。大幅延長の一方で、当面の、公債特例法などをめぐって、自民と民主との綱引きが続きます。

迷走・永田町 次期首相の本命が野田財務相って… 仙谷吹けど「大連立」踊らず(週刊朝日)

 菅直人首相の正式退陣を待たず、ポスト菅レースの幕が開いた。キングメーカー気取りの仙谷由人代表代行は、「大連立」も視野に野田佳彦財務相を推すが、いっこうにまとまる気配がない。政争で空転する国会を尻目に、復興予算で焼け太りを狙う霞が関の高笑いが聞こえてくる。…

 この記事の、最後のところにのっている石破自民政調会長のインタビューがちょっと興味深い。いまの政局の動きからいって、即、大連立っていうのは難しい。だけど、根底では、実は大連立の条件というのは、相当、以前から、生じている。石破さんのいう条件は、「マニフェストの凍結、普天間基地の辺野古移転、消費増税を前提とした税と社会保障の一体改革の実施」だもの。だけど、それは国民の思いとは遠く離れているから、なかなか難しいのだ。

 21世紀臨調は、緊急提言を発表した。これも興味深い。

新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)幹事会 「現下の政治に対する緊急提言」
 自分たちの「政治改革」の末路をつくりだした責任を棚上げにして、政治の退廃をつくったのを国民のせいにするなど笑止千万。なぜ、これほどまでに、政治の混迷をつくりだしたのかを正面から論じるべきだとは思うのだけれども、結局、ここでも与野党の協議を主張する。

 つまり、大連立をめぐっての綱引きや、やりとりはずっと続きながらも、結局、大きくは同じ政治の土俵のうえでの、協議や駆け引きが当面の動きの焦点となっていく。しかし、それは、国民の期待にこたえられないから、かならず混迷は続く。複雑だけど、行き先のはっきりしている混迷の道は続く。それにどう対抗していくのかだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 自殺3万人超、13年連続=政府白書 | トップページ | リビア介入「憲法違反」 米下院10議員、大統領を提訴 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 自殺3万人超、13年連続=政府白書 | トップページ | リビア介入「憲法違反」 米下院10議員、大統領を提訴 »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30