« 国旗国歌判決 一律の統制に懸念も示す | トップページ | 不信任案に小沢、鳩山氏ら賛成へ 民主除名なら新党結成 »

2011/06/01

IAEAが原発事故の報告書概要提出、「津波を過小評価」

 IAEAの報告書の概要が発表されましたね。

IAEAが原発事故の報告書概要提出、「津波を過小評価」(ロイター)

 東京電力福島第1原子力発電所の事故を調査するため来日している国際原子力機関(IAEA)の調査団は1日、津波被害が過小評価されていたなどと指摘する報告書の概要を政府に提出した。
 3ページにまとめられた概要でIAEAは、原発事故の要因を、5.7メートルの防護壁を超える津波を想定しておらず、非常用電源を失ったことだと指摘。今後は事故の対処にあたっている作業員や住民の健康状態を注意深く見守っていく必要があると強調した。
 また、福島第1原発事故では世界の原発業界全体が教訓を得たとし、事業者が定期的に自然災害リスクを見直し、防御策として「強化された」緊急対策センターを確立するべきだとしている。…

 報告書の概要はこれ。まいどのことながら英語がスラスラ読めればなあと思うよね。だけど、そもそも、こういう専門的な文書って、難しいよなあ。
 ざっと見ていて、わかるのは、津波の過小評価や対策の問題とともに、3年前に指摘した安全規制当局の独立性が改善されておらず、事故対応にとって問題だったと厳しく指摘しているもよう。そういう意味では、自民党時代の原子力政策を厳しく断罪している。この問題は、菅内閣の責任とともに、原子力の危険がさけばれならが、そしてスリーマイルやチェルノブイリの教訓からすすめられてきた世界の対応に背を向けて、安全神話に固執してきた、歴代の政権の責任も問われているということなのだとつくづく思う。それらの政党は、誠意をもった回答を示すべきだと思うなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 国旗国歌判決 一律の統制に懸念も示す | トップページ | 不信任案に小沢、鳩山氏ら賛成へ 民主除名なら新党結成 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51830157

この記事へのトラックバック一覧です: IAEAが原発事故の報告書概要提出、「津波を過小評価」:

« 国旗国歌判決 一律の統制に懸念も示す | トップページ | 不信任案に小沢、鳩山氏ら賛成へ 民主除名なら新党結成 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30