« 震災3カ月 避難なお9万人超 | トップページ | 若者と中退~中退予防戦略 学生はなぜ辞めるのか? »

2011/06/12

村上春樹さん:カタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文

 村上春樹のバルセロナでのスピーチが大きな話題となっている。ボクは、作家としての村上春樹はあまり好きでないし、そんなに評価もしていない。このスピーチもいくつか共感できない部分がある。だけど、それでも大きな趣旨は、理解も、共感もできるし、考えさせられた。
 とくに原発に対する怒りや自省。そして、倫理や規範再生への思い、いいかえれば生き方そのものを、いま人間は問われているということ。「効率」の支配する社会を自省し、どう新しい社会をつくるのかといううえで、物書きとして果たすべき役割があると。
 原発事故では、自然科学者の動きは注目されているが、こういう文化知識人の動きは、1つの特徴でもあると思う。ならば、活字を生業とするボクのような仕事の人間は、本当にそういう問題に敏感でなくてはならぬ。そして、何よりも、作家や知識人の思考のベースとなる社会科学のあり方も問われているのだと思う。そんなことを考えながら読んだ、スピ―チだった。

 全文はこれ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 震災3カ月 避難なお9万人超 | トップページ | 若者と中退~中退予防戦略 学生はなぜ辞めるのか? »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51927628

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹さん:カタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文:

« 震災3カ月 避難なお9万人超 | トップページ | 若者と中退~中退予防戦略 学生はなぜ辞めるのか? »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30