« 迷走・永田町 次期首相の本命が野田財務相って… 仙谷吹けど「大連立」踊らず | トップページ | 日本で新規建設「不可能」 脱原発は世界的流れ »

2011/06/17

リビア介入「憲法違反」 米下院10議員、大統領を提訴

 ネットの世界でも、実は、あまりリビアのことはとりあげられなくなっているような気がする。もともと、リビアについては詳しい人が少ないという事情もあるし。

リビア介入「憲法違反」 米下院10議員、大統領を提訴(朝日新聞)

 米議会下院の超党派の10議員が15日、オバマ米政権によるリビアでの軍事行動は議会の了承がなく「憲法違反」だとして、オバマ大統領を相手取り、予算執行の差し止めなどを求める訴えをワシントンの米連邦地裁に起こした。米政府は、米軍はすでに攻撃には参加しておらず、違法ではないと反論している。
 議員団代表のクシニッチ下院議員(民主)は声明で、オバマ政権が米議会との事前協議を経ず、国連安全保障理事会の決議に基づいて軍事行動を始めた点を「憲法違反」と指摘。リビアでの軍事行動に関する予算執行の差し止めなどを求めている。…

 アメリカ国内でもこんな議論があるんだあと注目した。もともと、リビアをめぐっては、安保理決議やその後のNATOの介入についてはいろいろな議論がなりたちえた。つまり、平和的手段を尽くすこともなしに開始された軍事攻撃が、民間人を巻き込んで大規模化し、内戦の一方の側に立っての軍事介入となる危険を強くはらんでいたことだ。
 実際に、これまでの内戦への外部からの介入が収拾のつかない混乱をもたらす事例は少なくなかったのだから。しかも平和的解決の努力が尽くされてきたのか。安保理決議の際にも。「決議の実施が暴力の即時停止と市民の保護につながるのか疑義がある。逆に、緊張を激化させ、害の方が大きいという結果をもたらしかねない」など懸念が表明されていた。
 そもそも、民間人保護を理由にして、外部からの軍事力による体制転換を正当化することが、国連憲章からみてどうなのか。

 国連憲章は、国際法は、本当に無力なのか? では、国際社会に、この時代に何ができるのか。9月で、9・11から、10年になる。とっても複雑で、大きな議論なんだろうけれども、もう1度、基本的なところから、見つめてみたいテーマでもあるのだけれども。勉強しなくっちゃいけないなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 迷走・永田町 次期首相の本命が野田財務相って… 仙谷吹けど「大連立」踊らず | トップページ | 日本で新規建設「不可能」 脱原発は世界的流れ »

世界」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51963990

この記事へのトラックバック一覧です: リビア介入「憲法違反」 米下院10議員、大統領を提訴:

« 迷走・永田町 次期首相の本命が野田財務相って… 仙谷吹けど「大連立」踊らず | トップページ | 日本で新規建設「不可能」 脱原発は世界的流れ »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30