« 「悲しい事故忘れない」 米軍機墜落から52年、宮森小で追悼集会 | トップページ | 被災地の高校生たちの就職は? »

2011/06/30

赤プリ閉鎖、また避難先へ 被災者「これからが大変」

 なぜ、ここまで自己責任を、こういう自己の結果として負わされるのだろうか。そのことは、やっぱりもっと議論されるべきではないのだろうか。

赤プリ閉鎖、また避難先へ 被災者「これからが大変」(共同通信)

 「赤プリ」の愛称で知られ、東日本大震災の被災者を受け入れていた東京都千代田区の旧グランドプリンスホテル赤坂が30日、完全閉鎖の日を迎えた。被災者は入館証や鍵を返却したり、段ボール箱を積んだ台車を押したりして新たな避難先への引っ越し作業に追われた。
 東京都によると、30日朝の時点で159世帯352人が入居。全員の受け入れ先が決まったのは前日の29日夜だったという。
 福島県いわき市から息子2人と自主避難してきた鴨下美和さん(41)は「赤プリは食費がかからなかったけど、主人は福島に残って働いているので、これから二重生活で経済的にも大変」と話す。

 赤プリをめぐっては、ボランティアの受け入れを拒否するなど、その対応はいろいろいわれてきた。だけど、やっぱり、自己責任に追いやられている。そのことを議論する国会の議論はすすまない。なんなんだろうこの国の震災そして原発事故の対策は、憤りだけが高まるなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「悲しい事故忘れない」 米軍機墜落から52年、宮森小で追悼集会 | トップページ | 被災地の高校生たちの就職は? »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/52087890

この記事へのトラックバック一覧です: 赤プリ閉鎖、また避難先へ 被災者「これからが大変」:

« 「悲しい事故忘れない」 米軍機墜落から52年、宮森小で追悼集会 | トップページ | 被災地の高校生たちの就職は? »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30