« 米軍、無人機を10年で倍増へ 民間犠牲に反発も | トップページ | ドイツ脱原発決定 全17基2022年までに »

2011/06/07

オスプレイ配備:市民に反発と懸念

 日本政府は、沖縄と宜野湾にこんな形でした知らせないのか? たった一枚の紙切れ(?)である。

オスプレイ配備:市民に反発と懸念(沖縄タイムス)

 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備について、沖縄防衛局(真部朗局長)は6日、防衛省からの情報として「米国政府が、2012年の遅くから第3海兵遠征軍(在沖海兵隊)の輸送ヘリCH46と代替することになる」旨を発表したと県や宜野湾市に伝えた。
 伝達された発表内容では、全体状況として海兵隊がCH46を順次「MV22に換装するプロセスにある」と説明。12年遅くから在沖海兵隊のCH46に代替することになるだろうとの表現で、同機種に代わり米軍普天間飛行場にオスプレイを配備する方針を示した。
 防衛省幹部はこの伝達について「米国防総省からの情報収集で把握したものを知らせた。関係自治体への配慮の一環だ」と説明し、正式通報は今後両国間の外交ルートを通じて行われるとした。
 安里猛宜野湾市長は「海兵隊航空計画の中で伝えられてきたが、日本政府からの連絡は初めて」と指摘。その上で「『安全性』についても疑問がある。日本政府も実証し、対応を説明するべきだ。普天間の危険性除去という観点からは逆行しており、市としては到底認められない」と訴えた。
 安里市長は9日、県庁を訪ね、配備に反対する意思を再度伝えて県に協力を求める方針だ。

 琉球新報の記事にもあるけれども「オスプレイは開発段階で4回墜落し県内には安全性を懸念する声が強い。CH46に比べ、離着陸時やホバリング時の騒音が増加し、操縦士が慣れるまで訓練の頻度が増すため、騒音が激しくなるとの指摘がある」。
 だからこそ、米本土でも、導入される前には環境調査などもおこなわれる。それを、世界一危険な普天間基地には、一片の紙切れで導入するといういうのか。ここに、アメリカと、そして日本の政府に沖縄に対する姿勢があらわれているのだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 米軍、無人機を10年で倍増へ 民間犠牲に反発も | トップページ | ドイツ脱原発決定 全17基2022年までに »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51884274

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ配備:市民に反発と懸念:

« 米軍、無人機を10年で倍増へ 民間犠牲に反発も | トップページ | ドイツ脱原発決定 全17基2022年までに »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30