« 視点2011 | トップページ | 議論する独裁者 橋下徹と「維新」の行方 »

2011/06/05

被災者の生活保護打ち切り相次ぐ 避難所生活など理由

 昨日の午後は、まず平民研連の学習会で、佐貫浩先生と薮内好さんの話を聞いた。ただ途中で抜けたため、感想はなしにします。ところでニュースをクリップ。

被災者の生活保護打ち切り相次ぐ 避難所生活など理由(共同通信)

 東日本大震災で被害が大きかった宮城、福島両県で、生活保護受給中の被災者に対し、避難所生活で住居費がかからないことや、義援金を受け取ったことを理由にした保護の廃止や停止が相次ぎ、少なくとも7例あることが両県の弁護士会や生活支援団体への取材で4日、分かった。
 東日本大震災を受け、厚生労働省は生活保護に関しては阪神大震災時の措置にならい、義援金などの一時金は収入とみなさないことや、被災者の個別の事情に配慮するよう各市町村に通知。厚労省保護課は「個々の事例を早急に調査したい。打ち切る場合も被災者への丁寧な説明が必要だ」としている。

 報道では、「弁護士会などが確認したのは宮城県で4件、福島県3件の計7件。生活支援団体「生活と健康を守る会連合会」(東京)によると、被災各地で保護打ち切りの相談が増えているといい、連合会は「実際の廃止・停止件数はもっと多いはず」としている。
 福島県南相馬市の男性は、義援金や東京電力からの賠償金の仮払いが収入とみなされ、5月25日に生活保護を廃止された。宮城県では仙台市、塩釜市、名取市で事例が報告されている。名取市の避難所の男性(69)は避難所生活で住居費がかからないことを理由に5月1日付で保護を停止された。」とも。

 どう生活の再建ということを考えているのだろうか? 逆に言えば、震災を契機にした生活保護の適用も制限されているということでもあろう。ほかに生活の再建を支えるセイフティネットはいまだつくられていないのだけれども。うーん。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 視点2011 | トップページ | 議論する独裁者 橋下徹と「維新」の行方 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51856193

この記事へのトラックバック一覧です: 被災者の生活保護打ち切り相次ぐ 避難所生活など理由:

« 視点2011 | トップページ | 議論する独裁者 橋下徹と「維新」の行方 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30