« リビア介入「憲法違反」 米下院10議員、大統領を提訴 | トップページ | 渦巻く疑問 福島の被災受給者 生活保護打ち切り »

2011/06/17

日本で新規建設「不可能」 脱原発は世界的流れ

 精神的には、この間、相当、しんどい思いをしている。重大な事態の進行を前に、自分なりの答えもなかなか見出せないし、自分のやるべきことも、なかなか霞のなかにあるなあ。

 ただ、原発をめぐっては、日本社会は、国民の動きは大きく変わりつつあると思う。

日本で新規建設「不可能」 脱原発は世界的流れ(共同通信)

 反原発を掲げドイツ州議会選での躍進が続く野党、90年連合・緑の党幹事長のトリッティン元環境相が16日、東京都内で共同通信と会見し、放射性廃棄物処理などの問題を抱える原発の推進は「到底理解できない」と強調。「日本は今後、新たな原発を建設することはできないだろう」と述べ、ドイツの脱原発政策を参考に、再生可能エネルギーの利用促進を図っていくよう求めた。…

 昨日の朝日の1面のあったような、知事のレベルでの動向などは、そうだ。このままでは、来年の3月で日本の原発は全部とまるかもしれない。いろいろな動きが、どんどんこれから加速されるだろうからこそ、政治的、政策的にも、幅広い議論とともに、しっかりした議論が必要だ。運動も同じ、国民の間で、幅広い、国民多数が参加できるような運動の広がりとともに、個々の政策問題では、しっかり議論をすすめればいい。現実的な政策選択をすすめることを考えると、そのこともあいまいにはできないのだから。そういう認め合い、バランスというか、配慮をちゃんと持ちたいものだなあ。

 メルトダウンという事態を前にして、もう国民の意識はそんなに簡単には原発容認には向かわないと思う。だから運動も、どんどん創意あふれて、ひろがっていく。

「脱原発弁護団」を結成 今秋に全国一斉提訴へ(共同通信)

 東京電力福島第1原発の事故を受け、原発訴訟に携わる弁護士らが「脱原発弁護団」を結成し、この秋に運転差し止めなどの訴訟を全国の各地裁に一斉に起こす。呼び掛け人の弁護士3人が16日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、方針を明らかにした。
 対象とする原発は、現在係争中の浜岡原発などを除く十数カ所を予定。これまでに敗訴が確定した原発も含め、福島原発の事故で国の安全審査指針の欠陥が明らかになったとして、電力会社や国を相手に運転差し止めや設置許可処分の取り消しなどを求める。…

 よく考えたら、同じ敷地内の新設以外の原発新設は、もうここ数年、実際には完成にはいたっていない。すでに、住民のレベルではそういう選択がなされるようになってきていた。そして、一歩、前にすすむ。どう止め、廃炉に向かうのか。
 地域の運動とそして国民的な合意。そういうものが合流していくような、さまざまな運動や学習と議論が、どんどんなされればいいよなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« リビア介入「憲法違反」 米下院10議員、大統領を提訴 | トップページ | 渦巻く疑問 福島の被災受給者 生活保護打ち切り »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51964074

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で新規建設「不可能」 脱原発は世界的流れ:

« リビア介入「憲法違反」 米下院10議員、大統領を提訴 | トップページ | 渦巻く疑問 福島の被災受給者 生活保護打ち切り »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31