« 消費税10%案、6月に決定…首相方針 | トップページ | 君が代訴訟:「教職員への起立命令は合憲」最高裁が初 »

2011/05/30

社員の甲状腺から放射性ヨウ素=30、40代の男性-東京電力

 ニュースをクリップ。

社員の甲状腺から放射性ヨウ素=30、40代の男性-東京電力(時事通信)

 東京電力は30日、福島第1原発の男性社員2人について、甲状腺にたまっている放射性ヨウ素131の量が多いことが分かったと発表した。今後、詳細な被ばく量を調べる。
 東電によると、社員は30代と40代。ヨウ素131の放射能量は9760ベクレルと7690ベクレルだった。

 対策も不十分で、調査もまともにされていなかったが……。どう対処しようとしているのか?

 ところが。

福島第1原発:作業員被ばく線量 「年50ミリ」上限撤廃(毎日新聞)

 厚生労働省が、東京電力福島第1原発事故の復旧作業に携わる作業員に限り、年間50ミリシーベルトとしている被ばく線量の上限を撤廃することを決め、日本労働組合総連合会(連合)に文書で示していたことが分かった。定期検査時など通常の被ばく線量と合算し5年間で100ミリシーベルトの上限は維持する。現行のままでは、福島で作業後に他の原発の定検作業ができない可能性があるためだが、専門家からは作業員の安全を懸念する声も出ている。
 厚労省は、積算で100ミリシーベルトとしていた緊急時の被ばく線量の上限を、福島の復旧作業に限り250ミリシーベルトに引き上げた。
 一方、通常時の被ばく線量は年間50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルトと変えていなかったが、他の原発の定検時と合算するかどうかは明確にしていなかった。4月28日の通達で、合算して5年間で100ミリシーベルトを超えない▽復旧作業に従事しない作業員は年間50ミリシーベルトの上限を維持--としていた。
 関係者によると、文書は今月11日、連合の本部(東京都)であった臨時意見交換会で、安全衛生部の課長名で配布。福島の復旧作業に携わる作業員は「年間50ミリシーベルトを超えても指導は行わず、5年間で100ミリシーベルトを超えないよう指導することにした」と明記した。

 やっぱり高い数字である。いたたまれないなあ。

« 消費税10%案、6月に決定…首相方針 | トップページ | 君が代訴訟:「教職員への起立命令は合憲」最高裁が初 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51808311

この記事へのトラックバック一覧です: 社員の甲状腺から放射性ヨウ素=30、40代の男性-東京電力:

« 消費税10%案、6月に決定…首相方針 | トップページ | 君が代訴訟:「教職員への起立命令は合憲」最高裁が初 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31